ローマ法王の元交際相手告白『君と結婚できないなら僧侶になるよ』

イタリア紙サイト『Corriere della Sera』に新ローマ法王フランシスコ1世の過去の語録記事が出てたんですが…
《(婚約者について)ええ、良く一緒に踊りに行ってた友達グループの1人でした。その後、神の道が天職であると気づいたのです。》なんて発言が2010年になされてまして…
多分、その時の婚約者さんなんでしょうか…
早速、ご本人がインタビューに答えております。

『ローマ法王元交際相手が告白“君と結婚できないなら聖職に就くよ”』

corriere-papa-amalia★先日、新ローマ法王フランシスコ1世に決定したホルヘ・マリオ・ベルゴリオ氏(76才)と60年以上前に交際していた女性アマリアさん(下記映像)が、当時、「君と結婚できないなら聖職に就くよ。」告白されたことを話した。

★ブエノスアイレスのフローレス郊外に住み、共に中学校に通っていた12〜13才の頃、ホルヘ少年はアマリアさんに赤い屋根の白い家の絵をプレゼントした。絵の上には《僕らが結婚したら、この家を買うよ》と書かれていたと言う。この手紙に対しアマリアさんは、
「返事はしませんでした。ただただ居なくなって欲しかった。」

corriere-jorge★交際していたとは言え無垢な関係で、「悪い事を誘われたことは一度もありませんでした。」と。しかし、その関係も長くは続かなかった。
「父が大変に腹を立て、もうそれ以上ホルヘと会うことはありませんでした。両親から会わないようきつく言われましたし、別れるようあらゆる手を尽くされました。今は私達2人とも慎ましい人間であり、もしかしたらソウルメイトなのかもしれません。2人とも恵まれない人々に愛情を注いでますから。彼には、もう会いに来ないでと言いました…父と対峙しなければならなくなったでしょうから。」
その後、白い家の絵はアマリアさんの母親に見つかり、破り捨てられてしまったと言う。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2013年03月14日 Corriere della Seraa記事より抜粋)

「貧しい人々のための教会にしたい。」と仰ってるだけあって、本当に庶民派のローマ法王なんです。
例えば、法王に決まるまで滞在してた司祭用宿泊施設の会計にみずから出向いて行ったり……

lastampa-papa-francesco


専用車も断って、他の枢機卿の皆さんと一緒にグループ行動したり…
なんか、映画でも観てるみたいですねぇ。
papa-francesco

人気ブログランキングへ


Pocket

,

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top