東北地方太平洋沖地震:東京よりローマの方が放射能の濃度が高い…

今日、ツィッターで、PUNKY/(久留米の)ゼロ壱さんより、リクエストをいただいた伊語記事をご紹介します。
関連記事と言うことで、いつもの『La Repubblica』紙の写真記事も下の方に付けておきましたので、合わせてどうぞ。

日本 『東京よりローマの方が放射線量は高い』

ローマの方が東京よりも放射線量の濃度が高い。
今日、イタリアのProtezione civile (市民保護局)より隊員6名が東京に到着し、驚くべき分析結果を報告した。

東京にあるイタリア大使館からの報告によれば、技術班が同大使館の屋上で放射線量を測定をしたところ0.04マイクロシーベルトと言う値が出たのだ。
参考としては、ローマの町中で測定された数値は0.25マイクロシーベルトである。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:RaiNews24 2011年03月16日

日本 『福島、被ばく検査に長い列』

放射能測定のために何百人と言う人々が長い列を作っている。
福島県民らの放射能値を測定するスクリーニング検査が、日本人運営による臨時センター等で行なわれた。
福島県内では原子炉の溶解および放射能汚染の不安が広がっている。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:La Repubblica 2011年03月16日






イタリアの市民保護局と言えば
セックス収賄スキャンダルで騒がれていた局長が
定年退職したばかりなんですが…
(あっ、いや、記事とは関係ないんですが…)

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ


Pocket

, , , ,

4 Responses to 東北地方太平洋沖地震:東京よりローマの方が放射能の濃度が高い…

  1. TAL 2011年3月18日 at 2:27 PM #

    まさに福島県民です。(^_^;)
    この写真だけをつきつけられたら恐怖が襲ってきますね。
    県内で2番目に放射線物質濃度が高い地域に住んでいますが、買いだしや仕事などで外出している方はいます。うちの旦那は物流関係の仕事をしていますが、燃料が確保できず仕事ができないので、今は自宅待機ですが、いまのんきに昼寝しています(苦笑

    • chirico 2011年3月25日 at 8:24 PM #

      実はTALさんのブログのプロフィールで、福島在住とも見ていたので心配していました。

      私などは日本とイタリアの報道両方を見ているせいか、扱いの違いに少々とまどまってはいます。
      だから、TALさんのように現地で頑張っている方から、普通にコメントをもらえると(ちょっとだけ)安心させられます。
      ただ、現地の物資の不足に関しては両紙とも同様に不足を訴えていますから、その点は苦労されてるのではないですか。
      頑張って…いや、あまり頑張らないで、普通ぐらいに元気でいられることを願っています。

  2. PUNKY/(久留米の)ゼロ壱 2011年3月18日 at 11:20 PM #

    リクエストにお答えいただき、ありがとうございますm(__)m

    イタリアの市民保護局長って、やっぱり退職金がっぽりもらって
    天下りするんですかね?どこの国も似たようなもんですね(苦笑)

    • chirico 2011年3月25日 at 8:26 PM #

      PUNKY/(久留米の)ゼロ壱さん、こちらこそ興味深い記事をいち早く紹介していただき有難うございました。

      市民保護局長…退職金は…多そうですねぇ(笑)。
      天下りと言うか、確か、そのままボランティアのような肩書きで同じ仕事を続けるような記事を読んだ記憶があります。
      まぁ、ボランティアと言っても無料…ってことはないんでしょうが。

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top