伊首相に「愛してる」メール送ったのはバロテッリ元カノ!?:ベルルスコーニ買春疑惑

世界中を賑わしているベルルスコーニ首相の買春疑惑、ミラノ検察がいよいよ起訴請求をしております。
さて、また新たなおネイちゃんが登場し、なかなか意味深なメールを首相に送っていたと話題になってるんですが…
このおネイちゃん…最近、マリオ・バロテッリ選手との熱愛を告白してたタレントさんなんですよ。

イタリア 『サラ・トンマージが伊首相に携帯メール “愛してる”』


美人TVタレントのサラ・トンマージがベルルスコーニ伊首相宛に、12月26日より15通の携帯メールを送っている。
最初のメール何通かは、好意を散りばめた内容のものだ。
《首相、(X’マス)おめでとう》
《愛しい貴方、私はリーチャ(編集部注:ロンツッリ欧州議会議員のこと)の考えを書いたのよ。今度は分かってもらいたいわ。》


1月10日以降のメールの内容は感じが異なり、
《恥を知りなさいよ…私のことを苦しめておいて…心理カウンセラーの料金を払ってよ》等々。


その後、後悔して、
《愛しい貴方、ごめんなさい…貴方から電話があったことは今知ったのよ…たくさんのキス込めて》


そして、こんな風にも付け加えている。
《貴方に会えなくてスゴッく寂しいの。できるだけ早く電話してね。まだ、愛してるって分かってる?レディーXより》


1月14日、ルービィ事件についての事情聴取としてミラノ検察から召喚状が届き、サラ・トンマージは非常に過激に反応している。
《貴方の売春婦たちをやっつけてくれれば良いのに!》


現政府に対する批判も書かれていた。
《アメリカ政府がイタリアの下劣な政府をシャキッとさせてくれれば良いのに…。政治って言うのは真面目なもので、貴方が得意なジョークとは違うのよ。》


若手タレントの世迷い言としては…
《ロン(編集部注:ロナルディーニョ)を貴方の糞チームに取り戻しなさいよ。じゃなかったら、オバマに頼んで貴方なんか世界首脳の中から追放してやるから…》

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事: La Stampa 2011年02月09日







熱愛宣言を受けたバロテッリ選手はですね…
この美人タレントの家に行く途中をスクープされてたんですが
その後、「彼女のでっちあげだ。俺はサッカーのことしか頭にないね!」
なんて撤回しておりました。

伊国民の皆様、でも、ベルルスコーニの次はいるの?
大いなる疑問クリックPrego!

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ


Pocket

,

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top