ルービィ独占インタビュー、9才で叔父達からレイプ:ベルルスコーニ未成年買春疑惑

さて、日本でもけっこう話題になっていると言うベルルスコーニ首相の未成年買春疑惑。
今度は渦中の元未成年ルービィさんが、(首相の)のTV局のトーク番組で色々と釈明しております。
この事件…最終的にはどんな風に決着がつくんでしょうかねぇ。

ミラノ 『ルービィ激白、9才の時に叔父にレイプされた』

ベルルスコーニ首相の未成年買春疑惑の渦中にいるモロッコ人のルービィことカリマ・エル・マフルーグさん(18才)が、9才の時に叔父2人からレイプされていたことを告白した。
民放TV局カナル5で水曜夜11時以降放映されているアルフォンソ・シニョリーニ司会のトーク番組『Kalispera!』で、インタビュー収録中に本人より発言された。
《9才の時、叔父2人からレイプされました。父の弟達です。唯一、母にだけ勇気を出して打ち明けましたが、“黙ってなさい。お前が処女じゃないって分かったら、父さんに殺されるから。”と言われました。》

二重生活 − ルービィさんは家から追い出されたと言うわけなのか。家を出たその日のうちに盗みを始め、そして《二重生活》を始めることとなる。自分のことを18才のエジプト人だと名乗るようになったのだ。
《ワンダーウーマンみたいな振りをして本当の自分を隠していたんです。今の恋人のおかげで人前で涙を見せられるようになるまでは、そう言う風に生きてきました。》
シチリアのレトイアンニの町にあった実家を飛び出したのは12才の時。その日のうちに、喫茶店にいた女性のバッグを盗み、中に入っていた身分証明書を使ってホテルに宿泊した。
《朝、ホテルを出た途端、目の前にパトカーがいました。》
他にも色々な過ちを犯したのですか?
《はい。けっこう…。盗みだけじゃなく、人間関係でも。二重生活をしていたので、馬鹿げた嘘も言っていました。いつもみんなに、私は18才でモロッコ人なんかじゃなくってエジプト人だって。》

《触れられたことさえありません》 − インタビュー前半では、問題とされている未成年買春事件には触れられず、自身の二重生活についてしか語られなかった。
また、12才の時に改宗しようと決意した際には、父親から厳しく折檻されたのだと。
《鍋に入っていた熱い油》を頭や肩にかけられ、傷跡にはいまだ髪が生えてこないと言う(写真)。
そしてルービィさんはベルルスコーニ首相との性的関係については、激しく否定している。
《指一本、触られたことはありません。》
そして誓って、《売春したことなど一度もない》とも。
ある時、売春してみようかと思ったことはあったが、上手くいかなかったのだと。
《母から良く“売春婦って言うのは、なるものじゃなくて、そう生まれついてくるものなんだ”って言われていて。私もそう思うものですから。》

ムバラク大統領について − 同インタビューでルービィさんは電話盗聴されたと言う内容(ベルルスコーニ首相に買春の口止め料として5億円相当を要求した等)について否定し、また、ムバラク大統領の姪だと名乗ったことなど一度もないと語った。
そして2010年2月14日の夜、アルコレ市の首相私邸でのディナーに出席した際、
《はじめまして、ルービィです。24才です。》と言いながら、モロッコ人ではなくエジプト人であると自己紹介したのだと。
『ムバラク大統領の姪』と言うのは、ベルルスコーニ首相が警察に拘留されたルービィさんを助けようと署長に向かって電話で言ったことだが、その件に関しルービィさんは《新聞で読んだ》だけと話している。
ベルルスコーニ首相のことはどう思われますか?
《人として尊敬しています。私の人生で、あれほど手を差し伸べてくれた人は他にいませんから。》
2月14日に初めて首相宅を訪れた際のベルルスコーニ首相については、
《私が受けてきた施設のどのカウンセラーよりも、私の話を良く聞いてくれました。》
封をした封筒に入った7千ユーロ(約77万円)の贈られた際、ルービィさんはディナー後、首相邸を出てしばらくしてから初めて中身を見たのだと言う。
《君は頭の良い子なんだから勉強しなきゃ駄目だよと言ってくれました。》
また、首相邸のディナーへは女友達が連れて行ってくれたのだと語気を強める。
《ベルルスコーニ首相からは別の時に、ネックレスもプレゼントされました。》

《500万ユーロなんて要求したことない》 − また、電話盗聴されたと言われている内容…ベルルスコーニ首相に買春の口止め料として5百万ユーロ(約5億5千万円)を要求したと言う件についても、身に覚えがないと言う。
また、盗聴された理由について訊かれると、
《絶対に私はそんなこと言ってません。大げさに言うことはあっても、こんなことは言いません。何が真実で、何が書き立てられたことなのか、もう分からないんです。検察を攻撃するつもりはないんですが、女の子一人に対しここまでするなんて…。11月初め(誕生日を迎え成人となった時)から、私は事情聴取されるのを待ってるのに。》と。
ルービィさんはベルルスコーニ首相と会ったのはわずか数回であり、『3夜連続で』首相邸に泊まったことなどないのだと(ルービィさんの携帯電話から、その事実が明らかにされているのだが)。ただ、本人のよれば、そう言った際に、常に携帯電話を持ち歩いていたわけではないと言うのだ。
そして、こんな告白も飛び出した。
《近々、恋人のルーカ・リッソさんと結婚する予定でいます。》
ルーカさん(写真上)と言えばディスコ経営者で、ルービィさんの現在の交際相手。今回ものTV出演でもルービィさんの傍らに付き添っていた。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事: Corriere della Sera 2011年01月19日







もうヴァチカンやらイタリア大統領やらも
心配し始めてるんですがね…

「指一本触れられてません」って
信じる人も中にはいるんですかね…
とつぶやく管理人に共感クリックPrego!

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ


Pocket

,

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top