イタたわレシピ:ドライプルーンのベーコン巻き

先日、知人の子供の洗礼式に呼ばれて行ったところ、式後のパーティーが結婚式並みに力の入ったものでした。
その時、アンティパスト(前菜)の一つとして出されていたのが、この『ドライプルーンのベーコン巻き』。
やっぱり、ワインと合いますね、こう言うのって。

レシピ 『ドライフルーツのベーコン巻き』

難度:入門レベル
所要時間:10分(下ごしらえ)、10分(調理時間)
良く合うワイン:イタリアのスプマンテ(発砲ワイン)が良く合う。特にプロセッコ・ヴァルドッビアーデネがお勧め。

材料(6名分)
種なしドライプルーン24粒、薄切りベーコン8〜10枚、ミントの葉

作り方
1. ドライプルーンを15分間水に浸けて戻し、水気を良く取っておく。
2. ベーコンの軟骨を取り除き、プルーンを巻ける程度の長さ(2等分ぐらい)に切る。
3. プルーンにベーコンを巻き付け、はがれないよう端を爪楊枝でとめる。
4. オーブン皿にアルミホイルを敷き、その上にベーコン巻きプルーンを並べ、180〜200度で10分ほど焼く。
5. オーブンから出し、ミントを飾りつけたら完成。
6. オーブンの代わりにテフロン加工のフライパンを使う場合、ベーコンがカリカリになるまで弱火で10分ほど焼く。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Corriere della Sera

ちなみに前回の
『白菜と茸のラザニア』も作ってみました!
言われなければ白菜とは分からないんですが
あっさりして美味しかったです。
けっこう、お勧めですよ!

オーブン料理は部屋が暖まって良いですね!
暖かくして美味しいもの食べるぞ!クリックPrego

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ

イタたわニュース関連記事
イタたわレシピ:茸と白菜のラザニア
世界のセクシー・シェフ大集合
オバマ夫人の秘密…実はイタリア料理にぞっこん
J.ロバーツ、朝8時のモツ煮:ジュリア・ロバーツ
モトGPワイン参上:ドゥカティ


Pocket

2 Responses to イタたわレシピ:ドライプルーンのベーコン巻き

  1. かずっち 2010年12月12日 at 8:25 PM #

    初訪問です。

    美味しそうですね。

    ドライフルーツは食べたことがありますが、このような食べ方はしたことがありません。

    ぜひ今度こういう食べ方をしてみようかと思います。

    教えてくださりありがとうございます。

    また来ますね。

  2. chirico 2010年12月13日 at 6:39 PM #

    かずっち様、初めまして。コメント、有難うございます!

    私が食べたのはベーコンがもっと薄くて、プルーンが黒々と露出してたもんですから、見た目は「なんだ、こりゃ?」って感じだったんですが、食べたら美味しくって。
    そのパーティーの料理の中では一番気に入ってしまいました。
    ぜひ、作ってみて下さい!

    またのお越しを、お待ちしてます。

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top