ホルヘ・ロレンソ:バレンシアのテスト結果&半裸セクシー動画

先日行なわれていたバレンシアでの走行テスト。
早々に切り上げた、今季チャンピオンのホルヘ・ロレンソ選手が淡々とテストの手応えについて話しております。
めずらしいほど淡々としてまして…ヴァカンスに行くのに急いでたんでしょうかね。
あ、あの、ズズッと下の方にホルヘ選手のセクシー動画もありますんで、合わせてどうぞ!

モトGP 『ロレンソ選手:休暇に入って、自動車レースに出場します。』

モトGPクラスのチャンピオン、ホルヘ・ロレンソ選手にインタビュー。

他の選手らよりも一足早くヴァレンシアでの走行テストを終えたものの、参加中は最高タイムを叩きだしていた。
2日目にロレンソ選手のタイムを上回ったのはストーナー選手のみ。それもロレンソ選手がプロモーション活動のためマドリッドに向かおうとした時の話だ。
軽々と最速タイムで走り、友人そしてライバル達に《無駄な手間を省いた》とでも言うような印象を置き土産として残したのだ。
「試さなきゃならないことは試しました。自分の評価も出したし、エンジニアとも話しました。これから休暇に入って、二つほど自動車レースに出るんですよ。」

2011年向けのM1機はずいぶんと変わりましたか?
「いいえ。発展はしましたね。あちこち少しずつ良くなったけど、もう少し改良しなければ。ライバル達が懸命に作業を進めてますからね。基本的にはポテンシャルをもう少し上げて、それから、トラクションコントロールも改良しないと。初日は新エンジンに打ち込んだんですが、2日目はシャーシの方に集中しました。」

エンジンに関しては、いまだに懸念があるのでしょうか?
「ここ最近は進化してきましたから。ただ、まだ何かできるでしょうね。もう少し馬力を上げられないかと模索してるんですが。でも、バランスを失わずにね。今、すごく良いですから。もう10馬力ぐらい上げていかないと。とにかくホンダが本当に速いですからね。」

ロレンソ選手にとっての基準点になっているのですか?
「エンジン同様、優秀なチームですね。それに非常に速いライダー(編集注:ストーナー選手)を引き入れて、チームが非常に開発されますよね。うちのチームは馬力なんかは劣ってますね。そこがもっと作業していかなければならない点です。」

新しいシャーシはどうですか?
「サスペンションに関しては本当に唯一新しいパーツですね。ブルノで8月にオーリンズ社がテストさせてくれたフロントフォークやダンパーに関しては、非常に大きく前進しました。」

どの辺りが優れているのでしょう?
「新フロントフォークのおかげで、カーブ入口でさらに攻撃的になれるんです。以前よりもっと信頼できるものですから。それで、カーブから出る時にはもっと加速できる。僕にとっては大きな新戦力ですね。」

フレームはどうですか?
「今の段階では他に比べて明らかに優れてるようには思えません。トラクションコントロールは最大にあるんですが、別のトラックでも試してみたいし、ある程度の判断を下すにはもっと走り込まないと。この点についてはマレーシアで2月にテストする予定です。」

ブリジストンの新タイヤのプロトタイプは、どんな感じでしたか?
「一つは2012年用をベースにしたもので、もう一つは来季用のです。走り始めは非常にグリップがありますが、何周か走ってみると今年使ってたタイヤより効率性が上回ってないですね。すぐに飛ばして行くのには良いですけど。短時間でタイヤの温度が上がりますからね。」

自動車レース以外に、来季、上位を争ってゆくためにオフシーズンはどのように過ごされますか?
「トレーニング表を見直してるところです。改革はしてませんけどね。身体面をまだ向上できると思うんですよ。そこに集中してゆくつもりです。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Motosprint 2010年11月23日

あまりにも淡々とした記事で…
ちょっと『イタたわ』らしくないんで
ロレンソ選手のお宝動画を付けておきますね。
セクシー・ホルヘに驚愕クリックPrego

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ

イタたわニュース関連記事
故郷に錦をかざる:ホルヘ・ロレンソ
どっちが速いか?そりゃ〜僕…:ホルヘ・ロレンソ
ホルヘの誓い、性格を直す!:ホルヘ・ロレンソ
ホルヘ・ロレンソ激白、ロッシに何も学ばなかった


Pocket

4 Responses to ホルヘ・ロレンソ:バレンシアのテスト結果&半裸セクシー動画

  1. machcat 2010年11月26日 at 1:52 PM #

    ロレンソは1番つけたのね。 ロッシは46で通してるので1番を見るのは2008年以来かな。

    テストのインタビューを見る限りでは2011年のヤマハは正常進化に止めるぽいですね。 チャンピオンマシンだから当然といえば当然か。

    ただフロントサス位しか変えないっていうアプローチだと他のチームは追い抜くかも・・ 特にホンダは後半圧倒的に力があったので逆転する可能性は高い。

    私の予想では来期はホンダが支配しそうな気がします。 ペドロサとストーナーは共に先行逃げきりなので、マシンの出来が良いならば2人のマッチレースで終わりそう。 (^^;;

  2. chirico 2010年11月26日 at 8:30 PM #

    machcat さん、いつも鋭い切り込み、ありがとうございます。

    私は訳していて、なんかロレンソ選手自身には何かを変える意向と言うか、アイデアはないのかなぁ〜と感じてしまいましたが、あぁぁ、チャンピオンマシンだからってのもあるんですねぇ。

    私個人的には、ペドロサ選手に一度ぐらい優勝させてあげたいんですがねぇ。
    来季はペドロサ選手のインタビューとか、もっと載せたいですよ。

  3. きょん太郎 2010年12月3日 at 7:51 AM #

    動画を見て
    すみません、笑ってしまいました。
    写真はどこかのサイトで見たんですが、
    写真を撮っている様子を見るというのは、
    ちょっと面白いですね。
    「そのくねくねに意味はあるのか?」
    なんて思いながら見てました(*^^*)
    でも写真はカッコイイっす。

  4. chirico 2010年12月5日 at 7:35 PM #

    きょん太郎さんは笑ってしまいましたか…。
    私は心配しちゃって(何をだ?)
    そんなに密着して大丈夫か?って(笑)

    来年用はやんないんでしょうかねぇ。
    すぐに『イタたわ』で大々的に取り上げるんですけど。

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top