伊首相、マフィア市長に小切手

1990年代始めに交わされたと言う、イタリア国家とコーザノストラ(シチリアマフィア)の密約。
その交渉の際、国家とマフィアの仲介役を務めたと言われているのがドン・ヴィートこと、パレルモ元市長のヴィート・チャンチミーノであります。
当時、父親の指示に従ってこの交渉に関与していた息子のマッシモが、真実を明らかにしようと証言を続けていたのですが、先月、5歳の息子を脅迫されて断念。
しかし、今度はマッシモの母親、ヴィート元市長の未亡人が証言役を買ってでたようであります。

ヴィート・チャンチミーノ(写真:78才没):元パレルモ市長であり、コーザ・ノストラ(シチリアマフィア)組織員。1984年に逮捕され、懲役13年の判決。2002年11月死亡。

マッシモ・チャンチミーノ(46才):ヴィート・チャンチミーノ元市長の息子。実業家。1990年初め、父と共にコーザ・ノストラに協力していたが、現在は司法協力者として『コーザ・ノストラと国家の密約書』について暴露している。

マルチェッロ・デッルートリ(68才)。与党PDL所属の上院議員。1993年にベルルスコーニ現首相と共にForza Italia(がんばれイタリア党、現与党PDLの前身)を創立。2010年6月にマフィア組織加担の罪で7年の懲役刑を宣告されている。

サルヴァトーレ(愛称トト)・リイナ(79才):コーザ・ノストラの最後の首領。‘93年に逮捕され、終身刑で収監中。

ベルナルド・プロヴェンツァーノ(77才):サルヴァトーレ・リイナの相談役、後継者。‘06年に逮捕、終身刑で収監中。

パレルモ 『ドン・ヴィート宛、ベルルスコーニ現首相から小切手が』

6年前、マッシモ・チャンチミーノと、その妹ルチアーナが電話で交わした会話で飛び出したのが、ヴィート・チャンチミーノ元パレルモ市長(マフィア関与および収賄罪にて有罪、2002年死去)に宛てられたと言う『ベルルスコーニ首相の小切手』。
実際には、その小切手に署名をした時(1980年代初頭)、ベルルスコーニ首相はまだ政界に身を置いてはいない。ただ、実業家シルヴィオ・ベルルスコーニとして、イタリアのTV業界No.1ではあったのだが。
3千5百万リラ(約200万円)と記されたこの小切手コピーはヴィート元市長が残した膨大な資料の中から出てきたもので、おそらく、1979〜83年に作成されたものとされている。家宅捜査や押収がなされた際には所在不明だったのだが(“どこにあったのか私も分からなかった”マッシモ・チャンチミーノ談)、ヴィート元市長夫人のもとより発見されたのである。

今年の7月末、ヴィート元市長夫人のエピファニア・シルヴィア・スカルディーノさんが息子のマッシモさんに付き添われ、小切手コピーを検察に提出した。ヴィート元市長が書き残したメモ類も一緒に提出され、それには同じくベルルスコーニ現首相から支払われた現金2千5百万リラ(約140万円)についても記されていた。
それ以外の支払いは(常に現金や小切手)ヴィート元市長や、2名の実業家ジュゼッペ・チアラッピコ、ガエターノ・カルタジローネの懐に収まったのであろう。用途は常に「1979〜83年における会員証購入のため」とヴィート元市長は記している。
なお同期間、元市長は収賄容疑などで渦中の人ではあったが、まだ収監されてはいなかった。
また、ヴィート元市長の派閥はDC(キリスト教民主党)内でジュリオ・アンドレオッティ派に属していたが、当時、除名処分を受けている。
つまり当時、授受された金銭はアンドレオッティ派を支持するためのものと考えることもできたのである。特に、先の実業家の1人ジュゼッペ・チアラッピコはアンドレオッティ派と強い結びつきを持っていた。

イタリア社会党との強い結びつきにも関わらず、ベルルスコーニ現首相は信頼されていた。
なぜ、2党を横断するような行動が取られたのか?
マフィアと国家間での交渉に関する捜査で、検察に提出された書類の中には、掘り下げ、徹底的に解明されなければならない物もある。
それは、現首相もしくはマルチェッロ・デッルートリのような取り巻きとヴィート元市長との間に、なんらかの結びつきや共通の利益があったことを窺わせるような内容なのだ。
《私とデッルートリ、ベルルスコーニは同じ穴のムジナだ》
タイプライターで書かれたページにはこう書かれ、また同ページには子を思う父の気持ちや(ヴィート元市長の裏の顔。《自分は犠牲者だ》等の言葉から知られるようになった)、確証はないが息子への金銭割り当てについても、独特の癖のある筆跡で走り書きされている。

アントニオ・イングロリア検事率いるチームが慎重に動いている。
ヴィート元市長はタイプライターでこんな一文も綴っている。
《私は有罪判決を受けたが、ベルルスコーニやデッルートリはシチリアに居ないと言う理由で無罪とされている》
これはパレルモとミラノでは司法当局の処置の仕方に違いがあるからだった。

また、検察が検証している別の資料、ヴィート元市長がコーザ・ノストラ(シチリアマフィア)のベルナルド・プロヴェンツァーノに宛てた密書とされている文書もある。
それには、ベルルスコーニ現首相か、Forza Italia(がんばれイタリア党:ベルルスコーニとデッルートリが設立。現与党PDLの前身)のメンバーのどちらかが、2001年の選挙の際にプロヴェンツァーノに金銭を授与(約1億リラ)したことが記されているのだ。
これらについての新たな捜査のキーパーソンが、マッシモ・チャンチミーノの母親、今や老いて病んでいるヴィート元市長未亡人となるのだ。
ヴィート未亡人は、1970年代にミラノで夫とベルルスコーニ現首相が会っていたと言う証言もしている。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事: La Stampa 2010年9月14日


これって…もしかして
5才のお孫さんがマフィアに命を狙われたから
お祖母さんが(息子マッシモの代わりに)証言をすることにした…
って話だったりするんでしょうか。

早急解明を祈ってクリックPrego

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ

イタたわニュース関連記事
マフィア交渉、伊首相の名が遂に…:コーザ・ノストラと国家の密約
伊首相ありきはマフィアのおかげ:コーザ・ノストラと国家の密約書
マフィア首領同士の裏切り:コーザ・ノストラと国家の密約書
遂にマフィア密約書が公開:コーザ・ノストラと国家の密約書
コーザ・ノストラと国家の密約書:殺された検事の妻、17年後の新証言
マフィアが首相の政党支持、大物ボスの裏切り:コーザ・ノストラと国家の密約
マフィアと国家の密約書:元マフィア市長の息子が暴く


Pocket

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top