マフィア、お袋の味には逆らえず:カモッラ(ナポリマフィア)

このあいだ、ネットで『龍馬伝』を見ていたら、坂本龍馬が久し振りに実家に戻って朝ご飯を食べるシーンがあって、
「坂本家の味だ!」と言って、美味しそうにお味噌汁を飲んでいたんですが…
海外在住者としては、かなり羨ましかったです。
まぁ、逃亡生活なんか送っていたら、恋しくなるんでしょうねぇ、おふくろの味が。

ナポリ 『逃亡マフィア逮捕、おふくろの味を食べたさに』

逃亡生活を送っていたマフィア組織員にとって、おふくろの味が致命傷となった。
ナポリの喜劇俳優エドアルド・デ・フィリッポもこう言っている。
「美味いラグー(ミートソース)ってのは、おふくろが作ったやつだけだ。お前と一緒になってから、何度も言ってきただろ。」
おふくろの味に逆らえる者など皆無なのだ。たとえそれが暴力と密売の世界に生きている、カモッラ(ナポリマフィア)だとしても。

最後のラグー − おふくろの味に弱い…それがゆえに逮捕されたのはロザリオ・スコニャミーリョ(39才)。グリマルディ・ファミリーの中でも人目を引く組織員であり、今年5月19日より逃亡生活に入っていた。
今回、警察によって発見されたのは、ナポリのソッカーヴォ界隈にある母親の家での昼食を諦められなかったためだ。

過去にも前例 − おふくろの味食べたさに逮捕されたマフィア組織員は、これが初めてではない。
2005年にはカモッラのボス、マリオ・ファッブロチーノが捜査官らにより発見されている。
ファップロチーノは、同じくカモッラのボスであるラッファエレ・クートロの息子の殺害容疑で逮捕されたのだが、それと言うのも、逃亡生活中、某実業家から良く食事に招待されていたからであり、伝統的な調理法で見事に仕上げられたナポリ名物の誘惑には勝てなかったからなのだ。
その名物料理と言うのが、ラグー(ミートソース)。

マフィアの逃亡犯 − 昨日、母親宅での昼食中、警察の捜査グループにより捕らえられたロザリオ・スコニャミーリョの名は警察内でも知れ渡っており、今回の逮捕容疑は犯罪結社における麻薬密輸である。
スコニャミーリョ容疑者が自宅拘禁から逃亡して以来、今年5月27日にナポリの審査裁判所より、また5月21日にはナポリ控訴裁判所からも勾留命令が出されていた。
スコニャミーリョ容疑者が発見されたのはクローチェ・ディ・ピペルノ通りのマンション4階で、おそらく夏期シーズンのため警備がゆるくなると見込んで昼食に訪れた模様。
警察が現れた際、スコニャミーリョ容疑者には逃走する動きはなく、抵抗する気配も見せなかった。
訴訟手続き後、司法権限によりナポリのセコンディリャーノ中央刑務所に移送されている。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Corriere della Sera 2010年8月17日

ただの偏見なんですが、日本に住んでた時はミートソースなんかは、どうしても『女子供の食べ物』ってイメージがあったんですよ。
だからイタリアに来て、50〜60代以降の男性がガッパガッパとかっ込んでる姿を見た時は、けっこう衝撃でした。


ちなみに管理人が、当初、とても恋しかった納豆…
実は2年程前から自分で作っております!
海外在住者へ、激励クリックPrego

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ

イタたわニュース関連記事
マフィアのシンガーソングライター、YouTube投稿:ンドランゲタ(カラブリアマフィア)
マフィアの娘を誘惑すると…:カモッラ(ナポリマフィア)
マフィア痴情のもつれ、映画ばりの銃撃騒ぎ【動画あり】
マフィアはギャング映画好き:ンドランゲタ(カラブリアマフィア)


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top