赤ん坊にもテーブルチャージ

イタリア・レストランのぼったくり…と言えば、昨年は日本人がローマで被害にあい、イタリア観光大臣までが謝罪に乗り出すほどの大事件となっておりました。
さて今回は被害者もイタリア人で、ぼったくり…ってほどじゃないんです。
でも、自分がこんな目にあったら、やっぱりショックかなぁ…。

トリノ 『赤ちゃんにもテーブルチャージ』

「経験から学ぶ」とは良く言うが、イタリア北西部アラッシオ市を訪れた観光客一行が、この夏のバカンスに遭遇してしまった不快な一件は覚えておいた方が良い。トリノ市民である同一行が被ったエピソードはは、観光被害にまた新たな1ページを加えることとなった。
大人4名と1才3ヶ月になる赤ん坊からなる同一行が、一流レストランのテーブルに落着いた。
終始ベビーカーの中にいた赤ん坊が、大人達の注文した料理を一口二口食べる…。
食べさせたのが父親なのか母親なのかは知らないが、この親の愛情深い行動に1.5ユーロ(約170円)と値段が付けられてしまうとは、一体だ誰が想像しえただろう。

ほとんど怒らんばかりに仰天する一行に、同レストランの経営者は驚きつつもこう説明した。
「そう言う規則なんです。お子様も料理を召上がったのですから。」
理屈に合わない話とは言え、払わなければならないのだ。
そして市行政に、丁寧ながらも不満のメールが届いたと言うわけ。
ナフキンやグラス、ナイフ、フォーク類も、ウエイターが早々に片付けてしまったので使っていないのだが、それはたいした問題ではないのだ。

スズキだか何だかの魚料理を、親が赤ん坊に一口二口食べさせたと言う事実により、合計100ユーロ(約1万1千円)以上の支払いにテーブルチャージが1人分加算されたのである。
「そう言う規則ですから。」と。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:La Stampa 2010年7月26日

粋じゃないよね。

この手の杓子定規って、なんだか
イタリアっぽくないような気がするんですけどねぇ。
不況のせいか、はたまた時代が変わったのか…
安全で気持ちの良い観光をさせてよクリックPrego

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ

イタたわニュース関連記事
日本人ぼったくり97万円、被害額の最高記録更新!!
昼食代10万円、日本人観光客ぼったくられ…
ぼったクリーニング!?合計8万2千円也!!
イタリアぼったくり喫茶


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top