ヌード観光、夏のパンテオン

そろそろ、夏の休暇を利用してイタリア旅行を計画しようか…なんて方もいらっしゃるでしょうか。
管理人が住んでいる『イタリア国内で最も観光客が少ない』地方でさえ、今月に入ったぐらいから、海沿いの通りなどはやけに人口密度が増加してきておりますが、さすがに田舎なんで、こう言う突飛な観光客は見かけませんねぇ。

ローマ 『オールヌードでパンテオンに侵入』

http://www.youtube.com/watch?v=RKk9BYLX0RQ

古代ローマ時代の神殿で、現在はキリスト教の教会となっているパンテオンに、オールヌードの男が侵入し、ルネサンスを代表する画家ラファエッロ・サンティの墓石に横たわるなどした。
11日昼前のできごとで、神殿内には多くの観光客が居合せ、この光景に唖然としていた。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:La Repubblica 2010年7月12日

ビデオの音声を聞くかぎりでは、唖然としていた人ばかりではなく、大喜びしてた…人もいるようですね。

パンテオン内に居合わせた観光客の皆さんも
良い土産話ができて良かったですね…
管理人にもお土産1クリックPer favore

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ

イタたわニュース関連記事
くじら、スペイン広場に上陸!
ポンペイで遺跡&買春観光
ヴェニス観光&歯科治療ツアー
トレヴィの泉に名前を彫ると…


Pocket

6 Responses to ヌード観光、夏のパンテオン

  1. ponta 2010年7月13日 at 4:12 PM #

    先日のエルドラドの記事、本日紹介させて頂きました。
    私は、マルケの海岸沿いの町にいつも滞在します。chiricoさんは、どこに住んでらっしゃるのですか?

  2. chirico 2010年7月13日 at 8:45 PM #

    pontaさんのブログの方も、拝見させていただきました。大変、ありがとうございます。

    私が住んでいる所はですね…
    すみません、あまり詳しいプロフィールを公にしない状態に慣れてしまっていて…
    オートバイ世界チャンピオンのヴァレンティーノ・ロッシの実家界隈の町と言う辺りまでで、ご勘弁を。

    マルケも広いようで狭いですから、意外にどこかでお目にかかるかもしれませんね〜。

  3. ponta 2010年7月13日 at 10:31 PM #

    ミラノから列車でマルケに行くとき、海が見え始めるとホットします。
    Riccioneは時折、訪れます。
    いつもたった2週間の旅なので、そろそろゆっくり訪れたいと思っています。でないといつまで経ってもイタリア語ができず、友人と話しができないまま生涯を終えそうです。

  4. TOLOS 2010年7月13日 at 11:33 PM #

    一瞬映った禁止事項のカンバン
    赤〇に斜線の禁止マークに描かれた
    禁止事項のイラスト
    このなかに観光客が横たわる絵もあって
    結構笑えるんですよね。
    まるで、だらしなく寝てるネコみたいで

  5. chirico 2010年7月14日 at 7:18 PM #

    Riccioneですか、pontaさん。確か、水族館のある町ですよね。

    私なんか住んでいても、必要限度しかイタリア語を話さないんですが…
    ゆっくりいらっしゃるんでしたら、夏は外した方がいいかなぁ。
    ここ10年前ぐらいから、アフリカの熱風が吹くようになったそうなんで。

  6. chirico 2010年7月14日 at 7:23 PM #

    観光客が観光名所で横たわる…って、日本人的にはなかなか珍しい光景なんですが、こちらだとけっこう見かけますよねぇ。

    以前、スペインの美術館でピカソの『ゲルニカ』を見た時に、警備員が観覧客に向かってひっきりなしに「座らないで。立ってください。」と。
    ジョーじゃないんだから…って思いつつも、本当に誰かかれかが次々に壁にもたれて腰を落としてゆくんですよ…
    確かにしばらく眺めていたい作品ではあるんですが。

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top