プロポーズに成功するホテル10選【後編】

先日の【前編】に引き続き、世界のロマンティックホテル、
「ここでプロポーズすれば成功するぞ!」
残り5軒であります。
ああ〜、私が紹介すると全然ロマンティックに響かない…

 

 

 

 

イタリア 『ロマンティック・ヴェネツィア:理想のホテルで“Yes”と言う』

アメリカ・ニューヨーク 
Crosby Street Hotel(クロスビー・ストリート・ホテル)

エレガンスでミニマルな11階建て。80室からなる客室のデザインは明るく、巨大な窓からソーホー地区が一望できる。
完璧なニューヨーク・スタイルのバーとは言え、すっかりアットホームな空間で、プライベート・ガーデンやマンハッタンの眺望も堪能できる。特に、最上階とその階下に位置するスイート・ルームからは最高の眺め。そして極めつけ、ホテル内には99席あるプライベート・シネマが用意されている。座り心地の良いレザーシートに寄り添いながら映画を楽しむのも良し。サタデーナイトにはディナー付き恋愛映画の上映あり。

オーストラリア・バロッサ・ヴァレー 
The Louise(ザ・ルイーズ)

快適な生活はあきらめずに母なる自然に身を投じたいなら、どこまでも続くワイナリーの真ん中に建つエレガント・ホテルことザ・ルイーズへどうぞ。
オーストラリアの砂漠の中心、広大なレッド・センターから一番近くに位置する都市アデレード市界隈。
特にグルメやワイン通にはお勧めで、14室あるスイート・ルームはクラシックな趣きに快適な設備を設えている。
広々としたテラスは渓谷に面し、床暖房、屋外シャワーやジャグジーバスも完備されている。

南アフリカ・ガーデンルート&ワインランド 
La Residence(ラ・レジデンス)

フランシュフック渓谷と言えば、南アフリカの貴重なワイン&グルメゾーン。その渓谷上にそびえる小振りで近代的なヴェルサイユ宮殿ことラ・レジデンスには、コロニアル風にコーディネイトされたスイート・ルーム11室があり、ペルシア絨毯はもちろんのこと、エキゾチック&アンティーク・アートの数々で彩られている。
ロマンティックな雰囲気を堪能したい方にはスイート・ルーム『フランジパニ』がお勧め。荘厳な天蓋付きベッドに、16世紀のフランス製チェスト、鏡ばり&燭台付きのバスルーム、年代物の浴槽やシェーズロングなどを堪能できる。

ブータン
Amankora(アマンコラ)

田んぼや防柵、聖地の間に見え隠れする5つの隠れ家…。ホテルと言うよりは、まさに巡礼所と言った方が良いだろう。それぞれの隠れ家はスタイル・広さも各種取り揃えており、オーナーによれば、少なくとも10日間の滞在が望ましいと。
くつろぎタイムと豪華な宿泊を組み合わせたいなら、トレッキングをしてスパでリラックス、ミステリアスな古代王国跡を堪能するので充分だろう。
ミニマルスタイルのスイート・ルーム全室にまきストーブが置かれ、時代物の木製ベッドに豪華なバスルームが付いている

カンボジア・シェムリアップ 
Hotel de la paix(ホテル・ドゥラペ)

純白の堂々たるファサードの奥に、珠玉のくつろぎ空間が息をひそめている。濃い色合いの高級木材にゴールドをあしらったスイート・ルームはゆったりとした設え。プールにスパ、最高のワインセラーを持つ有名レストラン。
ここではクメール文化とモダンが融合し、10分程の所に、ユネスコ世界遺産でもある魅惑のアンコールワットがそびえている。

[ 完 ]

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:La Repubblica 2010年4月12日

 

 

 

 

あの、前後編で10軒、世界のおしゃれホテルを掲載いたしましたが、
もしも読者の皆さんの中で、実際に宿泊された方などいらっしゃいましたら、
経験談コメントをお寄せいただければ幸いです。
またまた、もしも、ここで本当にプロポーズもしちゃって、
成功したぞ!と言う方もいらしたら、ぜひ!
まかり間違って、「ここでしたけど断られちゃったヨ」って方も…
良かったらコメント、お待ちしております。

 

 

 

しかし『プロポーズに成功するホテル』ってぐらいだから、
つまりは婚前旅行を推奨してるわけで…
 ひと昔前ならありえないコピーなんでしょうね…と思う管理人に、
「どんだけ昔なら?」と世代ギャップ or 共感クリックPrego…

      ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ

 

 

 

イタたわニュース関連記事
プロポーズに成功するホテル10選【前編】


Pocket

2 Responses to プロポーズに成功するホテル10選【後編】

  1. MIS 2010年4月15日 at 8:37 AM #

    お疲れ様です。

    というか、宿泊費が気になったMISです。どんだけかかるんだろう、と。
    なんかスウィートルームっぽいんで。
    あ、でも一世一代の告白ですから、それはお金に糸目を付けないんでしょうか。
    いやあ、清貧を貫いているMISにとっては無理だなぁ。
    すみません、経験もクソもないコメントで(笑)ただの愚痴コメントでした……。お詫びに共感クリックいたします!

  2. chirico 2010年4月16日 at 7:33 AM #

    いえいえ、MISさん、いつも、こちらの方にも、どうもです。
    (共感クリックも有難うございます。んっ?共感…なんですね)

    まぁホントに、宿泊費のことを言っちゃったら、もう前には進めない企画…でしょうかねぇ。
    しかも、OKしてもらったら、次は挙式やら新居やらで、またお金がかかるんですもんねぇ…

    あー、結局、こう言う思考では乗れない企画ってことなんですねぇ。

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top