伊首相ありきはマフィアのおかげ:コーザ・ノストラと国家の密約書

1990年代初めのイタリアでは、コーザ・ノストラ(シチリアマフィア)と国家が密約書を交わしたと言われており、当時、父子共にマフィア側につき、その密約書に関わっていた…と言う息子の方が、身の危険を感じながら小出しに証言を続けています。
そして遂に、ベルルスコーニ首相や、その政党結成にまで話が及び始めたんですが…。
主要人物は次のとおりであります。

ヴィート・チャンチミーノ(78才没):元パレルモ市長であり、コーザ・ノストラ(シチリアマフィア)組織員。1984年に逮捕され、懲役13年の判決。2002年11月死亡。

マッシモ・チャンチミーノ(46才):ヴィート・チャンチミーノ元市長の息子。実業家。1990年初め、父と共にコーザ・ノストラに協力していたが、現在は司法協力者として『コーザ・ノストラと国家の密約書』について暴露している。

サルヴァトーレ(愛称トト)・リイナ(78才):コーザ・ノストラの最後の首領。‘93年に逮捕され、終身刑で収監中。

ベルナルド・プロヴェンツァーノ(75才):サルヴァトーレ・リイナの相談役、後継者。‘06年に逮捕、終身刑で収監中。

 

 

 

パレルモ 『首相の政党はマフィアとの交渉の成果だ』

警察特殊作戦部隊のマリオ・モーリ元将官が、かつて被告人席に立っていた裁判(訳者注:コーザ・ノストラへの幇助容疑。トト・リイナ宅の家宅捜査を故意に遅延させた等)について、マッシモ・チャンチミーノが再び証言を始めた。1992年のファルコーネおよびボルセッリーノ両検事の殺害事件後より、コーザ・ノストラ(シチリアマフィア)と国家の間で始められた交渉の『第三段階』に言及したのだ。
「1994年、ロ・ヴェルデ技師と名乗っていたベルナルド・プロヴェンツァーノが、デッルートリ現上院議員とベルルスコーニ現首相に宛てた手紙を、私に託してきました。すぐに私は、当時、刑務所に入っていた父の所にそれを持って行ったところ、父が言うには、デッルートリ現上院議員とベルルスコーニ現首相が元のさやに納まってしまったものだから、プロベンツァーノはまた彼らの気を引きたいのだろうとのことでした。
父は良くこう言っていました。Forza Italia(がんばれイタリア党:1994年、ベルルスコーニ現首相とデッルートリ現上院議員が設立した政党。2008年、Pdl(自由の人民党)結成に伴い解散される)ができたのはコーザ・ノストラとの交渉のおかげだし、交渉で合意に達したから今のベルルスコーニ首相があるのだと。」

マッシモ・チャンチミーノは証言の核心に位置するこれらの手紙について、アントニオ・イングロリア検事の質問に次のように答えている。
「残っているのは、手紙の一部分のみです。2005年に別件で警察による家宅捜査を受けたのですが、その数日前までは手紙はすべて揃っていました。本当に、確かにあったんです。その後、何が起きたのか、私には分かりません。」

残っている手紙の内容は次のとおり。
《…この痛ましい計画が実行されないよう、私が(決して些細とは言えない)助力をいたしましょう。ベルルスコーニ議員、私はこの計画がTVチャンネル所有に通ずることを確信しております。》
『痛ましい計画』と言うのは、おそらくベルルスコーニ現首相の息子に対する脅迫行為を指しているのだろう。
マッシモ・チャンチミーノは、
「プロヴェンツァーノは父に、なにか専門的な助言をしてもらいたがっていました。このTVチャンネル所有に関するアイデアは、以前、父がプロヴェンツァーノに提案したものなんです。ベルルスコーニ現首相が『Repubblica』紙のインタビューで、“もし友人の誰かが政治家になっていてくれたら、TVチャンネルの1つを所有するのに苦労はなかっただろうに”と話していたのを父は覚えていたんですよ。」
そして、その後、ヴィート・チャンチミーノはプロヴェンツァーノの手紙に手を加えたと言う。
マッシモ・チャンチミーノは法廷にて今朝、父親が書いた手紙の下書き2ページ目を提出した。
「手紙はデッルートリ現上院議員と、そして当時すでに首相となっていたシルヴィオ・ベルルスコーニに宛てられたものでした。それをプロヴェンツァーノに渡すよう、私が言いつかったんです。その後どうなったんのか、デッルートリ現上院議員に渡ったのかどうかは知りません。」

ここで、モーリ元将官の専任弁護士であるピエロ・ミリオ氏から異議があがった。
「現裁判においては、1995年にパレルモ県メッツォイウーゾ市で起きたプロヴェンツァーノ逮捕未遂事件についての審議を行っているのですが、同証言は何か関連があるのでしょうか?」
しかしマリオ・フォンターナ裁判長が、
「事件の前後において、どのような事実があったかを確認するのは重要なことです。」とし、イングロリア検事による質問が続けられた。

検察でマッシモ・チャンチミーノが供述した事件の概要では、1992年の惨殺事件の合間になされたコーザ・ノストラと国家の交渉には『第三段階』なるものがあり、ヴィート・チャンチミーノが表舞台から消えた後、マルチェッロ・デッルートリ現上院議員が後を引き継いでマフィアとの交渉にあたったとしている。
また、マッシモ・チャンチミーノはこうも言っている。
「2001〜2002年の間でもう一度、プロヴェンツァーノはデッルートリ現上院議員と会って話していると、父が言っていました。」

この『ヴィート・チャンチミーノの下書き』には、2005年に押収された手紙類についてもう一行(ひとくだり)書かれている。最後の方に、こう記されているのだ。
《かなりの時が過ぎ、私が名誉毀損で訴えられることがないなら、長きに渡る慎重さを取り払い、私は報道陣らを招集することとなるだろう。》
ここでニーノ・ディ・マッテオ検事から質問が出た。
「あなたの父親は何を暴くと言って、脅していたのですか?」
マッシモ:「ベルルスコーニ現首相が創設した政党の起源についてです。」
検事:「その下書きはいつ頃書かれたものなのですか?」
マッシモ:「1994〜95年頃です。」

諜報機関の『シニョール・フランコ』についての訊問。
マッシモ・チャンチミーノは、秘密諜報機関の『シニョール・フランコ』なる謎の人物が父親やプロヴェンツァーノと接触を図っていたと言う。
「『パノラマ』誌のインタビューでリイナ逮捕において、私がどんな役割を果たしていたかについて話した後に、『シニョール・フランコ』と言う人物から、何も喋らないようにと強く言われました。私が証言台に立たされるようなことはないのだから、ある事柄についてはこれ以上触れるなとね。
実際のところ、その後どうなったかと言うと、2008年末に私は司法協力をすることにしたんですが、私の供述聴取を行う者が誰もいなかったんですよ。」
また、マッシモ・チャンチミーノは自宅拘禁を科せられている時も、奇妙な人物の訪問を受けている。
「警察隊長の一人がやって来て、あの交渉やベルルスコーニ現首相との関係にについて話すなと熱心に言ってきたんです。」

リーチョ・ジェッリとの面談 
マッシモ・チャンチミーノは『シニョール・フランコ』の密使から、捜査や自宅拘禁処分が押し迫ってきていることを事前に告げられることとなる。
「それでパレルモから離れるよう勧められました。」と言いながら、マッシモ・チャンチミーノは、モーリ元将官に協力していた警察特殊作戦部隊のジュゼッペ・デ・ドンノ隊長の言葉を引き合いに出した。
「リイナ逮捕に関する件で、私の供述聴取を行う者は誰もいないと言っていました。この件は、国家的な秘密事項なのだとまで言っていましたよ。」
『シニョール・フランコ』は、マフィアの殺戮が多発していたあの夏、チャンチミーノ父子との関係を強めていたし、いわゆる『コーザ・ノストラと国家の密約』において当初は影の存在だったのが、後には中心人物としての役割を担っていた。
当時、ヴィート・チャンチミーノはイタリア北東部のコルティーナ市で、元フリーメイソンの「ロッジP2」代表であったリーチョ・ジェッリとも会っている。

家宅捜査
そして、マッシモ・チャンチミーノの件で検察側が謎として最後にあげているのが、2005年に行われた家宅捜査についてだ。
「あの時、現場にいた警察官の誰一人、金庫を開けるようには言わなかったんです。子供部屋にあって、丸見えだったのにですよ。」と話すマッシモは、検察により撮影されたばかりのその家の写真を見せられると感慨にふけった。
「このモンデッロの邸宅には思い出がたくさんあるんです。息子が生まれたばかりの時でね。」
短い休憩の後、マッシモ・チャンチミーノの証言は続けられた。
「警察やその他の者達は、金庫の中にマフィアとの密約書などがあることを知っていたのです。」

脅迫
「先週も、ひどい脅迫文が届きましたよ。車のフロントガラスとワイパーの間に挟まっていたんです。パレルモの裁判官達だって、お前を守ることはできないって書かれていました。」とマッシモは言う。

反論
なお、Pdl(自由の人民党)のマルチェッロ・デッルートリ上院議員は次のように激しく反論している。
「我々は狂気の沙汰に触れるような、いや、まったくもってそこにどっぷり浸かるような戯言の中にいますね。我々が、イタリア国家だったのではありません。ともかく、我々が国家ではないと言うことを別にしても、こんな戯言の一部を成すような状況に身を置いたことは一度たりともありません。」
また、同じくPdl(自由の人民党)の上院議員団長であるガエターノ・クアリャレッロ氏のコメントも加えておこう。
「偽りが横行し続けているのだ。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:La Repubblica 2010年2月8日付

 

 

 

この爆弾証言の後日、マッシモ・チャンチミーノはカターニア検察より新たに聴取を受けることとなったようですが。

 

 

 

知ってることは、もう、全部言ってくれ〜と
思う方へ Chiedoクリック
          ↓  
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ

 

 

イタたわニュース関連記事
議員がマフィアの仲介役に:コーザ・ノストラと国家の密約書
マフィア首領同士の裏切り:コーザ・ノストラと国家の密約書
遂にマフィア密約書が公開:コーザ・ノストラと国家の密約書
コーザ・ノストラと国家の密約書:殺された検事の妻、17年後の新証言
マフィアの殺戮、元法務大臣が新証言:コーザ・ノストラと国家の密約
マフィアが首相の政党支持、大物ボスの裏切り:コーザ・ノストラと国家の密約
遂に政権交代?首相の免責法が違憲に…
脱税恩赦でマフィア救済!?:ベルルスコーニ政権
マフィアと国家の密約書:元マフィア市長の息子が暴く


Pocket

, , ,

6 Responses to 伊首相ありきはマフィアのおかげ:コーザ・ノストラと国家の密約書

  1. TOLOS 2010年2月11日 at 8:04 AM #

    イタリア人に ’70~’80前半の
    モロ、バチカン金融スキャンダル、ITAYIA870便、Bologna駅爆破などの事件について聞くと
    最後は決まって「う~ん、今でも闇の中」で締めくくります
    たしかに複雑に絡み合って今でも真相は解りませんが
    ひょっとして彼ら イタリアの暗部から目をそらすことで今を平和に生きようと考えているんじゃ・・と感じることがあります  (考え過ぎ?)

  2. f.panda 2010年2月11日 at 4:32 PM #

    こんな爆弾発言が毎週続いているのに、国民の皆さんはホント日々平穏に、何事も無かったように過ごしているとろこが、スゴイ?ですね。

    国家がしっかりとマフィアと取引、同意、していれば表ざたには、大きな事件は起きませんよねぇ。
    落ち着き始めたのは、ちょうどベルルスコーニさんが首相になったころからですね。

    マッシモ・チャンチミーノさん、日々危険に身をさらされながらの生活。司法協力しなければ、余生を静かに過ごせたハズ。
    それなのにこんな過酷な状況に身を置いたのは、「自分の息子が顔を上に向けて歩けるように」、
    だそうです。

    頑張れ~!

  3. chirico 2010年2月11日 at 7:07 PM #

    おっ、TOLOSさん、電光石火のコメントありがとうございます。

    もう、イタリアって「暗部」があって当たり前!って感じにさえ思えますよ、わたしは。

    でもイタリアに限らず、やっぱり当たり前なんでしょうかねぇ。
    日本だって、今回の小沢さんのことなんか、かなり「暗部」で二転三転してたような気配だし…

  4. chirico 2010年2月11日 at 7:28 PM #

    f.pandaさん、そうなんですよ。
    日本人の私でさえ、初めてこのニュースが流れた時は、ご飯作りの手を止めてTVの前に駆け寄ったほどなのに、その後、これって情報が出ないんですよね。
    PDLも当初は、「誹謗中傷で訴えてやる!」って息巻いてましたけどねぇ。

    そうか、息子さんのことを考えての暴露だったんですねぇ。
    マッシモ・チャンチミーノって、本人も懲役刑を宣告されてるから、もしや刑務所の中から裁判所に通ってるのかな〜と思って、この手のことに詳しそうなイタリア人に聞いてみたんですけど、
    「正直言って、全くわからない」って言われたんですよ。
    考えてみたら、本人から家族に至るまで、現在、イタリアで一番身の危険がある人達だろうから、そうそう公表されませんよねぇ。

  5. f.panda 2010年2月12日 at 2:22 AM #

    話は違うんですが、Chiricoさん、毎日毎日翻訳ずくめ、感心します。
    特に、今回のような政治に関する訳は、内容の正確さはもちろんのこと、ネタの鮮度を保つための即訳、言葉の選択、言い回し、etc,と簡単ではないと思います、、。いえ、Chiricoさんならもう「ささ~っと」訳せちゃうんでしょうけど。

    Chiricoさんって、どんな経歴の持ち主なんでしょう。
    そっちの方もかなり興味あります。
    おっと、突っ込んでしまって失礼しました~。

  6. chirico 2010年2月12日 at 6:47 AM #

    いや〜、f.pandaさん、せっかくこんなにComplimentiを言ってもらって申し訳ないんですが、披露できるような経歴って特にないんです、わたし…。
    むしろ、この『イタリアたわいのない話』を経歴の1つにしようともくろみ、ギラギラと野心むき出しにして毎日更新してるんですよ〜。
    (えっ、全然伝わってこない?おかしいなぁ…)

    「ささ〜っと」はねぇ…
    いやいや、訳せちゃってますよ〜、もうバリバリ!
    (どうだ、これで!野心ギラギラ!!)
    ホントは、もっと簡単で短い記事ばかりを集める予定だったんですけど、こう言う政治・社会ネタ絡みの「ごっつい記事」を訳し始めたら、だんだん読者の方が増えてくれたもんですから…後に引けなくなってしまったんですよ。
    (ホントに、いつまで続けられるでしょうね、こんなこと…)

    いや〜、スミマセン、期待に応えられない回答で。

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top