マフィアは教会から追放:イタリア司教会議

イタリアでは先日、『マフィアの殺人映像』なるものが公開され、日本はもちろん世界中で報道されていました。
この殺された男性(マフィア関係者だと言われてます)の奥さんが、
「私はカトリック教徒だから教会に通って、亡くなった夫と、夫を殺した人達のために祈ってる」と言うコメントを出していまして…。
素人なりに、それは、まずいんじゃないか〜と思ってたんですけど、やっぱり、まずかったんでしょうね。

 

 

アッシジ 『マフィアは教会から追放』

マフィア組織員および犯罪組織に加担する者は、カトリック教会より自動的に除外される。破門の明示も必要としない。
Cei(イタリア司教会議)総長のマリアーノ・クロチャータ司教(左写真)より、アッシジで行われた記者会見で以上のように発表され、また、『Chiesa e Mezzogiorno(教会とイタリア南部)』文書や、昨今、政界関係者も関与出している捜査との関係についての質問へも触れられた。

アッシジで開催された第60回総会に出席した司教らは『Chiesa e Mezzogiorno』の新文書の承認を求められ、クロチャータ司教は、
「犯罪組織に関する議題が同文書内で取扱われているのは明らかなことであり、それは悲劇的な現実ではあるが絶望的なものでも克服できないものでもありません。」と説明している。
また、1993年に前法王である故ジョヴァンニ・パオロ二世がアグリジェントを訪れた際に、神の審判が犯罪に降りかかったのであろうと話していたことを繰返しながら、
「破門を明示する必要などありません。なぜなら犯罪組織の中で生きている者は、たとえ信心深げにしていてもキリスト教教会の外にいる者なのですから。」とし、
「教会からの除外だけでは、南部だけではなくイタリア中に広がってしまったこの社会的悲劇への解決にはなりませんが、万人と各種団体、そして司法による努力でもって解決することでしょう。」と話している。
(2009年11月10日 Corriere della Sera)

 

 

マフィアの家族の結婚式や洗礼式を執り行ったため批判されてる神父さんの話なんかも時々あったんで、やっぱりカトリック教会内では大きな問題だったんでしょうね。

 

イタたわニュース関連記事
殺人映像、妻と姉が激白:カモッラ(ナポリマフィア)
カモッラ殺し屋からの手紙…カトリック神父暗殺


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top