美人大臣、お下劣記事を告訴:マーラ・カルファーニャ

現在、イタリアでは『報道の自由』をめぐってベルルスコーニ首相とマスコミが熾烈な戦いを繰り広げています。
最近、ベルルスコーニ首相がイタリアの大手新聞を告訴したばかりでして。
…となると、首相傘下の美人大臣としては、昔の話を蒸し返してまでも後に従うもんなんでしょうね。

 

 

ローマ 『カルファーニャ大臣、グッツアンティの罵言掲載で当紙を告訴』

ベルルスコーニ首相の次はカルファーニャ大臣ときた。
1年もの時を隔ててマーラ・カルファーニャ機会均等担当大臣(写真左)もまた、『Repubblica』当紙を告訴することにしたのである。
損害賠償を請求されている記事は2件で、ひとつは2008年7月9付けで女性コメディアンのサビーナ・グッツアンティさんが参加した政治集会『No Cav Day』を取材したもの。
もう1件は2009年8月6日付けの、ベルルスコーニ首相のセックス・スキャンダルに関連した捜査がバーリ県で行われた際に海外紙に掲載された記事を要約したものである。

カルファーニャ大臣の専任弁護士であるフェデリカ・マンダーニ氏は、次のように召喚状に記している。
「2008年7月9日付け記事の筆者は、サビーナ・グッツアンティ氏による政治集会での以下の発言、
“女性大臣酒場……ベッドでは神業を披露しても、国会ではそうはいかない。” や、明らかにベルルスコーニ首相を指しての、
“……アレをしゃぶってあげたからって大臣になれるもんじゃない。” 等を、そのまま掲載すべきと判断したのである。」
また、もう一件の記事については、同紙記者が仏誌『Nouvel Observateur』から、以下の文章を引用したことを訴えている。
“架空の録音テープの中で……マーラ・カルファーニャ大臣(ほぼ公認の愛人)とマリア・ステッラ・ジェルミニ大臣(両者ともお人形さんとされている)の2名が、ベルルスコーニ首相を満足させるにはどうすればいいかを互いに探り合い、関係を持つ前には薬を打つようにした方が良いとほのめかしている。”

マンダーニ弁護士は、
『これらは政治上の要職にある人物の評価、尊厳に対し、あまりに侮辱的な表現』であり、『我国において前例のない』ほどの表現である指摘し、
「 “アレをしゃぶる” とか “ほぼ公認の愛人” 、“ベルルスコーニ首相を満足させるにはどうすればいいか” 、“関係を持つ前には薬を打つようにした方が良い” などの表現は節度の範囲を超えている。」と繰返している。

また、同弁護士はカルファーニャ大臣が被りかねない損害をも訴状に加えるとし、大衆レベルでの中傷を受けると言うことは、カルファーニャ大臣ゆえに評価されている政治的特質や支持が失われる危険性があったであろうとしている。
カルファーニャ大臣は、アンケート調査の結果に『否定的な改ざんが顕著になされた』と訴え、『一般人が享受しえる忘却の権利(一定期間を経た過去の刑罰などは公にされない)』を自身についても熱望している。
また、同弁護士からは道徳的観念における損害のほかに身体的損害もあげられており、
「訴状に記載されている内容の結果としてマーラ・カルファーニャ氏は、体重の軽減や不眠、重度の偏頭痛など身体的苦痛をも述べている。」とした。

そして、
「カルファーニャ大臣は、これら虚偽の報道に対する反響が消えるまでインタビュー等を避けざるおえない状況におかれた」ため、『Repubblica』紙の編集者および記者らに90万ユーロ(約1億1千7百万円)の損害を請求しているのだ。
しかしながら大臣は、同様にサビーナ・グッツアンティ氏の侮辱的な発言をオンライン新聞『Foglio』に掲載したジュリアーノ・フェッラーラ氏には何ら請求してはいないのである。
(2009年9月25日 La Repubblica)

 

 

余談ですが、その『報道の自由』をめぐる戦いについて、ちょっと。
最近、先頭を切って戦っている(叩かれてもいる)政治トーク番組の司会者が、ついにあのパトリッツィア・ダッダリオに…例のベルルスコーニ首相との一夜を暴露した高級売春婦に直撃インタビューをすると言う企画を、1日夜に決行したんです。
しかも、これって国営放送の番組でして、いつもは首相率いるPdl(自由の国民党)からも数名がゲスト出演するんですが、もちろん今回は首相がストップ!
結局、ゲストはジャーナリストばかりで、政治家はダッダリオ嬢が居住しているバーリ市の市長だけでした。
とりあえず、くだらないんだけど一番の感想としては、パトリッツィア・ダッダリオって、写真よりもずっと若くてきれい。

 

イタたわニュース関連記事
美人閣僚 vs 女お笑い芸人…1億円の死闘
超美人閣僚がまたまた告訴、今度は女お笑い芸人の父親
超美人閣僚「女の武器」問題…その後の行方
イタリア美人政治家ランキング
美人大臣、ビキニ姿で熱い夏:マーラ・カルファーニャ


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top