罰金刑、姑の悪口を夫が妻に言ったため

今年の夏は3週間ほど日本で過ごしたて来たのですが、ちょっとだけ見た橋田壽賀子ドラマ『となりの芝生』にすっかりはまってしまいました。
しかし、さすがの橋田先生も、今日、ご紹介するようなエピソードは思いつかないでしょうねぇ…。

 

 

ローマ 『姑を侮辱したため妻に賠償金支払い』

夫婦間で姑の悪口を言った夫は、妻に対して賠償金を支払わなければならない。
ローマの最高裁判所は被告である夫に、名誉毀損による有罪判決を言い渡した。被告は妻への損害賠償も負うこととなる。
被告の弁護人は、被告が侮辱したのは姑であり、その際に姑はその場におらず、よって配偶者である妻が告訴を起こすのは合法的ではないと上訴していた。
しかしながら最高裁判所は、
「たとえ第三者に、同件では母親に向けられた侮蔑的な言葉や粗野な表現だとしても、聞き手の自尊心を損なうことに疑いはなく、つまり、侮辱的な表現を伝えられた者とその表現の対象者との間に近しい縁戚関係がある場合、このような言動はそれを伝えられた者にとっては人間の尊厳を成す敬意の欠如となり、関与した各人に原因があるものとする。」とし、上訴は認められなかった。(2009年9月16日 La Stampa)

 

 

悪口言って罰金払うぐらいで済めばいいですが。
うろ覚えなんですが確か去年、イタリア南部の方でお姑さんがあまりに口出しするのに耐えきれず、新婚の30代の夫が妻と舅姑の3人を殺してしまった事件があったと思うのですが…。

 

イタたわニュース関連記事
罰金刑、伊首相の名前を犬に命名
上司を罵倒してクビは不当、最高裁が判決
姑がうるさすぎて離婚成立


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top