オバマ夫人は集団で、カーラ夫人は単独で:G8サミットの妻たち

イタリア首相夫人が離婚問題でG8サミットには不参加なせいなのか、各国首脳夫人の足並みもビミョーに合わないような…。
ちなみに記事内の写真は、8日の行程内で撮影された首脳夫人達です。

 

 

ローマ 『ミシェル夫人はグループ行動、カーラ夫人は単独行動』

ラクイラ市で各国の首脳陣が余震に怯えながら職務を果たす中、首都ローマではファーストレディーらによるローマの休日が繰り広げられることとなる。
主役はやはりオバマ大統領のミシェル夫人。今回が初めてのイタリア訪問となり、娘らと共にローマ米大使館の宿舎であるタヴェルナ邸に宿泊することになっている。主要8〜24カ国の首脳夫人らの首脳夫人らのために組まれたハードスケジュールの中、ミシェル夫人が本日は注目の的となることだろう。その他のメインキャストで欠席となったのはメルケル独首相夫のヨアヒム・ザウアー氏で、慣習変えず、夫人と共にローマへも来ず。唯一のファーストハズバンドになるはずであったのだが…。

一方、サルコジ仏大統領のカーラ夫人は別日程を組んでの単独行動。
ローマ観光はせず、他の夫人らが9日午前にラクイラ市へ赴き、昼食後に発つのと入れ違いに、カーラ夫人は9日夜に到着し、翌日の午前中、キャンプ村やサン・サルヴァトーレ病院、サンタ・マリア・デル・スフラッジョ教会、また、フランス政府の支援6,500万ユーロ(約)により再建される予定の建築物を訪問することになっている。
「フランス大統領夫人のこのスケジュールは問題では?」に対し、仏政府はノーコメントである。カーラ夫人がここまで勝手な行動を取るほど、ベルルスコーニ首相に好意を抱いていないのは有名な話だが。
また、ロシア大統領のスヴェトラーナ夫人に関しては、今回のイタリアサミットには同行しないことがロシアより報道されている。
しかしながら、各国大使館の議定書に「イタリアのファーストレディー不参加」と記され、また、各国首脳陣の予定をぬって夫人らの予定が組まれていると言う事実(昼食や夕食時にさえ夫妻は顔を合わせられないのだ)も言いにくいことではあるのだが。

ローマでは今日8日午前、女性大臣2名が夫人らを案内する予定となる。
マーラ・カルファーニャおよびジェルミーニ両大臣が、まずはヴァチカンのベネデット16世ローマ法王のもと(写真上)へご案内し(オバマ夫人は10日にオバマ大統領や娘らと共に謁見の予定なので、ここは不参加。)、その後はローマ市長夫人でもある政治家のイザベッラ・ラウティ氏がカッファレッリ館へとご案内し、ローマ市長ジャンニ・アレマンノ氏(写真右:左端がアレマンノ市長、中央が麻生夫人)からの挨拶の後、有名シェフのハインツ・ベック氏の昼食をお楽しみいただき、カピトリーニ美術館をご観覧していただく予定。
参加されるのはミシェル米大統領夫人のほか、サラ・ブラウン英首相夫人、ラクイラ市の宿舎に唯一ご夫妻で宿泊される予定のグルシャラン・カウル印首相夫人、日本の麻生千賀子首相夫人、メキシコのマルガリータ・サヴァラ大統領夫人、スウェーデンのジュリア・ラインフェルト首相夫人、一夫多妻で5人の妻を持つ南ア大統領のシザケレ第一夫人、中国の劉永清主席夫人、カナダのローリン・ハーパー首相夫人となっている。
また、夕方6時からはクィリナーレ大統領官邸にて、ファースト・レディーでは唯一のイタリア人であるクリオ・ナポリターノ大統領夫人がお茶会を催すことになっている。
夜はローマの町を散策していただけるよう自由行動のため、トラステベレ界隈のレストランや中心街は警戒体制となる。
夫人らは9日、ラクイラ市へと移動し、震災地の視察とコッピート宿舎で昼食を取る予定。
10日にはワールド・フード・プログラムのセミナーに参加し、世界飢餓のために戦う女性らの役割について話し合うこととなる。
この日程でゆくと、ショッピングに興じる夫人らを目にするのは至難の業であろう。そんな機会でもないし、そんな空気でもないのだ。
2009年7月8日 Corriere della Sera 写真:La Repubblica)

 

 

記事内にあった有名シェフによる昼食は、ミニサイズのオックステール・シチューで始まり、インド首相夫人を考慮しての野菜料理にはアンティチョークのフリッターとハーブ・リゾット、アスパラガスと苺の盛り合わせなど。
それから卵麺でのカルボナーラ、焼きメバルの野生ハーブ添え、仔牛のフィレ肉と言ったメニューで、材料や調味料に豚肉とワインは使っていないんだそうです。
 

イタたわニュース関連記事
伊首相、TVで離婚問題を激白
オバマ夫人の秘密…実はイタリア料理にぞっこん
伊首相→仏大統領「女をあてがってやったろ」(動画)
仏大統領カーラ夫人が大胆発言、伊首相の失言余波
妻、不在の理由…

イタたわトピックス関連記事
「離婚手続きで」伊首相夫人、サミット出席せず


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top