これが13兆円分の債券です − 日本人、米債券持ち出し事件 −

新型インフルエンザやら、フランス航空機の墜落事故やら、なんだか不思議な事件が続いていますが、イタリアと日本絡みでも一つ、奇妙な事件が起きています。
毎日新聞『イタリア:日本人?2人拘束 米債券13兆円持ち出国容疑』で読まれた方もいるかと思いますが、事件自体も不思議なんですが、もっと不思議なことにイタリアでは大手新聞でもTVニュースでも、ほとんど報道されていないんですよ。
現在は債券が本物かどうかを調査中だそうですが、取りあえず、その13兆円分の債券の写真だけでも、どうぞ。

 

 

ミラノ 『二重底のカバンに1340億ドルの米債券、スイスとの国境で押収

1340億ドル(約13兆円)相当の米有価証券を所持していたのは50代の日本人男性2名で、イタリア国内から列車に乗り込み、国境沿いに位置するスイスのキアッソ市の国鉄駅で下車。所持していた荷物を詳しく調べられた際に、カバンの底から債券が発見された。
なお、同男性2名には380億ユーロ(約5兆2千億円)の罰金が科せられる恐れがある。(2009年6月12日 IGNNEWS)

 

 

意外にコンパクトなもんですね。
男二人がかりで大型スーツケース1個ずつ…とか想像してたんですが。だとしたら、日本人旅行客は荷物が多い方だからカモフラージュになるのかな〜なんて、くだらないことまで考えてしまいました。
ちなみに、もっと詳しい翻訳記事は下記のブロガーさんが出してますので、興味のある方はどうぞ。

http://d.hatena.ne.jp/hajic/20090611/p1


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top