首相、美人政治家に敗れたり!! − 欧州議会選挙 −

本日の選挙記事2本目です。
さて、この土、日に行われた欧州議会議員選挙では「パピー」ことベルルスコーニ首相率いるPdl(自由の国民党)がふるわなかったことは既にお伝えしましたが、実はふるわないどころか、野党の若手美人政治家に敗れていたんです!!

 

 

ローマ 『セラッキアーニ大勝利 “ パピーより9千票も取っちゃった ”』

「起きてから選挙結果を見たら…フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州で、73,910票対64,286票でデボラがパピーを敗ったって!!」
38才、イタリア北東部ウディーネ県の県議会議員で、Pd(民主党)より今回の欧州議員選に出馬していたデボラ・セラッキアーニ氏(写真:右から二人目)と言えば、イタリア国内にその名が知れ渡ったのは今年の3月のことだ。
彼女の名を有名にしたのは、Pd(民主党)の集会での堂々たる熱いスピーチと、ネットで盛んに閲覧されている発言の数々。それ故にPd(民主党)のダリオ・フランチェスキーニ党首(写真:右端)も、欧州議会の議員選にデボラ氏を擁立しようと思ったのだろう。そして、その選択に間違いはなかった。選挙の翌日、デボラ氏が出馬している選挙区では、与党Pdl(自由の国民党)の党首であり、同政党の名簿順一位のシルヴィオ・ベルルスコーニ首相の獲得票数をしのいだことが明らかとなったのだから。

その差、9,000票以上。また、同選挙区でのPd(民主党)選挙名簿第一位であるルイジ・ベルリングエル氏(11,244票)をも大きく引き離している。とにかく、めざましい大勝利である。
「大変、満足しています。多くの信頼を勝ち得たと言うだけでなく、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州でベルルスコーニ首相に9,000票差をつけることができたのですから。」

北東部フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州だけではない。イタリア北西部においてもデボラ氏は10万1千票を獲得しており、なおかつ開票はまだ終了していないのだ。デボラ氏は次のように話している。
「本当に公正な結果なんでしょうか。欧州議会選で掲げていたことはたくさんありますが、特筆したいのは競争心、革新、探求の三つです。」

またデボラ氏は、
「Pd(民主党)全体での得票数にも満足している。」とし、
「2004年の選挙結果に比べ下落はしていますが、この数ヶ月、フランチェスキーニ党首がなさってきたことは奇跡だと思います。Pd(民主党)は持ちこたえました。予想されていたような下落にはならなかったし、Pdl(自由の国民党)の大勝利もなかったのですから。Pdl(自由の国民党)は何ら結果を出してこなかったことで罰せられたのだと思います。特に、今回の経済危機に対しての必要な取組みを行っていないのですから。」と話す。
最後にデボラ氏はこう言って、コメントを終わらせている。
「この国は変わろうとしているのです。」(2009年6月8日 La Repubblica)

 

 

イタリアでは数少ない合格点の美人政治家として同ブログでも取り上げて以来、実はわたし、このデボラ・セラッキアーニさんの大ファンなんです。
1ヶ月ぐらい前に初めて討論番組に出演しているのを見たんですが、ベビーフェイスに似合わぬ低音で理路整然と語りあげ、まさしく政界の泥沼に咲く一輪の蓮の花…。ジャンヌ・ダルクってこんな感じかしらと。
将来、イタリアで初の女性首相が誕生するとしたら、この人じゃないかしらってまで入れ込んでます。
いや、選挙権持ってないんですけどね。

 

イタたわニュース関連記事
押収写真が公開、ベルルスコーニ危機一髪!?
半裸女性が民主党党首に抗議!!
首相の政敵に銃弾入り脅迫状!!
イタリア美人政治家は海外で落第点!?


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top