首相夫人の反乱、美人政治家は恥知らず!?

ヴェロニカ伊首相夫人と言えば、普段は公式の場には登場せずプライベートを守り続けているのですが、2年前に首相が美人大臣に「独身だったら、君と結婚するのにな〜」と言った時には、マスコミを通じて『公開謝罪状』なるものを夫に要求した強者であります。
そのヴェロニカ夫人、首相率いるPdl党が今回の欧州議会の議員選挙に向けて、無節操に美人政治家を擁立した件と、それから、首相が18才の女の子のお誕生日パーティーに出席したと言う謎のスキャンダルについて……再び、その沈黙を破りました。怖いっすよ〜。

 

 

ローマ 『首相夫人、欧州議会選への女性擁立?恥知らずでくだらない』

「恥知らずでくだらない」
これはヴェロニカ・ラリオ伊首相夫人が、欧州議会の議員選挙の立候補者として擁立された女性陣について、Ansa通信に公表したコメントである。
ベルルスコーニ首相率いるPdl(自由の国民)党から欧州議会議員選挙に出馬予定の候補者について各紙が書き立てた件で、夫人はメールで胸の内を明かした。
「このような状況において、私と息子達は犠牲者であり、共謀者ではないと言うことを明白にしておきたいのです。私達は耐え忍び、苦痛を受けているのです。」

政治における女性 − 政治における女性の役割についてどのように思うかと言う質問に対しヴェロニカ夫人は、
「幸いにも、実業界であれ政界であれ、女性にも未来が開けてから久しく経ち、それはグローバルな現実となっています。かつてはサッチャー英首相、現在はメルケル独首相と、女性にも政治的なキャリアと言うのは存在するのだと言うにあたって、引き合いに出すのに適した女性たちもいます。」と答え、また、次のようにも言っている。
「イタリアにおいて、その歴史は故ニルデ・ヨッティ欧州議会副議長から始まり、現在はプレスティジャコモ環境大臣によって引き継がれています。
現代女性は美しく、そして、より美しくなりえます。つまり、政界にも美しい女性がいると言うことは、メリットでもデメリットでもないのです。しかしながら、その曲線の、女性美の、そしてもっと深刻な事柄の向こう側から放たれるものは、僭越さであり、権力への自制のなさであります。万人の信頼を損ない、女性全般にとって、特に、第一線に立ち続けた、そして彼女らの権利のために現在も第一線に立っている者にとっての敵となるのです。」

皇帝のお楽しみ −「これら全ては皇帝のお楽しみによるものだと書いていた記事もありましたが。新聞から浮かび上がってきた事柄が恥知らずでくだらないものであり、すべて権力の名のもとにあるのだと言うことに、私は同意見です。」
また、首相が日曜の夜にナポリのディスコへと赴き、18才の少女の誕生日パーティーに出席していたと言うニュースに関しても、ヴェロニカ夫人は率先して次のように感想を述べている。
「私がどのように思っているかですか?私としても大変驚いています。首相は自分の子供達に関しては、どの子の時だって18才の誕生日パーティーに顔も出したことがないのにね。来てくれるようにって言っておいてもですよ。」
(2009年4月28日 Corriere della Sera)

 

 

妻からの反乱を受け、当のベルルスコーニ首相の方は、「左派の新聞が情報操作しているしてことを信じるなんて残念だ」とコメントしております。
ちなみに、首相がお誕生日パーティーに出席するのにナポリまで出向いたと言う、この謎の18才少女はですね、名前はノエミ、金髪モデルスタイルの美少女で、現在は広告グラフィックの学校に通っています。
市職員だった父親が首相と知り合いになって以来、彼女が子供の時から家族ぐるみで友人付き合いをしており、母娘共々、首相のことは『Papi(パパ)』と呼んでるんだとか。
本人は「パーティーに来てもらえるとは思っていなかったので、とても嬉しかったわ」と言っており、首相からの誕生日プレゼントはダイヤを散りばめた金のペンダントで、カードには「わたしの可愛い広告グラフィック・デザイナーさんへ 父親とされているパパより」と…。
 

イタたわニュース関連記事
美人大臣と首相のアイコラだ!!
伊首相夫人が喝!オバマを見習え!!
イタリア美人政治家は海外で落第点!?
新たな超美人政治家の誕生か!!
美人閣僚がTVで激白!!
美人閣僚「女の武器」問題…その後の行方
イタリア美人政治ランキング


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top