上司を罵倒してクビは不当、最高裁が判決

イタリアでも不況を理由に不当な解雇のニュースが続いてますが、これはいくらなんでも当然じゃないか〜と言う解雇事件です。でも、当然じゃないんですよ。

 

ナポリ 『上司に “ なに様のつもりだ ” と言っても、最高裁は免職不当と』

職場での激しい口論の末に部下が上司をひどく罵っても、解雇される正当な理由にはならない。
ナポリのAlma mater私設病院内で口論の際に、上司に向かって「貴様、いったい何様のつもりだ?」と言った職員サヴェリオ・Mさんが解雇された件で、同処分は不当とするナポリ控訴裁判所の判決が、今回、破棄院(最高裁に相当)により裁可された。
ナポリ控訴裁判所は、サヴェリオさんが使用した表現は『不遜ではあるが、威嚇的なものではなく』、上司からの叱責に対し『感情的および衝動的に反応した結果』とみなしており、『免職処分』に相応するような『服務違反』は成立しないとして、破棄院がこの判決を裁可した。
これに対し同病院は、サヴェリオさんの態度は解雇されて当然であったとして破棄院に抗議を申し立てている。
サヴェリオさんは各階の患者の食事をカートで配膳する際に、一巡だけにしたいと主張し続け、2日連続で全ての食器類を壊している。3日目にはカートを酸素ボンベに向かってぶつけ、病院の責任者であるファブリツィオ・Cさんが叱責したところ、サヴェリオさんから上記の発言がなされた。
破棄院の法廷で、同病院側は告訴の原因となった上司への罵倒を含む一連の出来事は解雇の正当な理由になると主張したのに対し、最高裁は一連の出来事のうち解雇が正当とされるものは皆無と判断した。
今後、同件は控訴裁判所により、サヴェリオさんが過去に受けている懲戒罰を現況に加味した場合、免職処分になるかどうかが検討されることとなる。
(2009年3月19日 La Repubblica)

 

 
日本じゃ、絶対にこの判決はないですよねー。

 

イタたわニュース関連記事
監禁刑でも海水浴はOK
非情のドライバー・ライセンス


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top