伊首相夫人が喝!オバマを見習え!!

いつぞや麻生首相夫人が、「うちの夫はマンガだけじゃなくて、難しい本も読みます。」とフォローしてましたが、イタリアでも首相夫人が、失言暴言が多い夫のフォローを始めたようですよ。元女優の割にはマスコミ嫌いで、「私は家の切り盛りをしてるから」と、普段はあまり表に出て来ない人なんですが。

ローマ 『イタリアよ、オバマ氏から団結することを学べ』

ベルルスコーニ伊首相夫人ことヴェロニカ・ラリオさんが「La Stampa」紙のインタビューで、
「新しいアメリカ大統領となったオバマ氏は、アメリカの希望を体現している。ハンサムで若くて健康で、そして素晴らしい家族がいて。」と称賛し、イタリアはアメリカからインスピレーションを得るべきとの考えを示した。
ヴェロニカ夫人は特に、オバマ、マケイン両氏が選挙後すぐに協力体制を取ったことについて、
「国民へ向けられた大きなメッセージだわ。もちろんイタリアへも。」と評価した。
また、現在のイタリア政界については、
「左右両派とも公の利益を考えずに、1対1の勝負にはまり込んでいる。現在、イタリア政界には強力な反対勢力がいません。強力な反対勢力と言うのは、政府をより上のレベルへと高められるものでしょう。そして、大多数が向上すべく励むよう仕向けるものではないかしら。右も左も関係ないのよ。それなのに大多数の人間は、相手が弱いのを利用しようとか、集団意識を高めないでおこうとか考えている。」と言い切っている。
そして、2008年の首相選でベルルスコーニ首相と戦った民主党のワルテル・ヴェルトローニ氏については、
「以前、ヴェルトローニ氏がトリノでした演説は良かったけど、あの時の面影はもうないように見えるわ。」とし、民主党の将来のリーダーに必要なのは、
「新しい、若くて、リーダーになり得るイメージ」としながらも、
「夫の政権は、あと10年は続くでしょう。」と言葉を添えた。
また、昨今のイタリアの若者については、
「1ヶ月500ユーロ(約6万円弱)しか収入がなかったら、希望はないわね。」と認めながらも、
「『大人こども』って言われているけど、一体、どうやってお金なしでやっていけって言うのかしら。」と締めくくっている。
(記事:2009年1月23日 Corriere della Sera、写真:Il Messaggero)

 

 

去年の総選挙の前にベルルスコーニ首相がTVで、経済問題に悩む女子大生に向かって「金持ちと結婚しなさい」と言い、女子大生の方は「結局、お金持ちは私達には無関心なんだわ。」とコメントしていたそうですが…。
なんだか、割れ鍋に綴じぶた夫婦って感じですね。

イタたわニュース関連記事
首相夫人の反乱、美人政治家は恥知らず!?
イタリア美人政治家は海外で落第点!?
新たな超美人政治家の誕生か!!
首相暴言「経済危機?たいしたことないさ!」
ベルルスコーニ家の夏
ベルルスコーニ夫人あらわる!
妻、不在の理由…


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top