夫94才が妻44才を殺害、結婚生活23年の果てに…

当ブログではタイトルに「たわいのない話」とあるよう、殺人、放火、強姦等が主体の残虐非道な事件は基本的に取上げない主旨ですが、管理人の独断により例外もあります。今回は、個人的にけっこう驚いたもんですから。

モリーゼ 『夫94才が妻44才を殺害、結婚生活20年以上で大喧嘩の末に』

イタリア南部カンポバッソにあるモリーゼ市で今朝、妻(44才)を暖炉用の火かき棒で殴打し殺害した夫(94才)が、殺人容疑で逮捕された。
アントニオ・クイチ容疑者と、死亡した妻マリア・マッティアッチさんが結婚したのは23年前で、クイチ容疑者の前妻が亡くなった後である。
モリーゼ市トリヴェント町にある田舎家で今朝8時30分頃、同夫婦の間で激しい言い争いがあったとみられ、叫び声を聞きつけた付近の住民が警察へ通報したが、警官らが駆けつけた際には、マリアさんは血だらけになって倒れており、クイチ容疑者は錯乱状態におちいっていた。
今後はマリアさんの解剖が行われる予定であり、警察では「ささいな動機による残忍な犯行」としているが、クイチ容疑者の高齢を理由に自宅拘留処分が下されている。(2009年1月22日 Corriere della Sera)

 

 

イタリアには84才でバリバリ現役の男性司会者なんかがいて、常日頃から、男性の方が年を取ってから元気なんじゃないかと思ってはいましたが…。
良くも悪くもって感じですね。

イタたわニュース関連記事
バイアグラ服用の82才夫、妻が警察に通報
叶わぬ恋を忘れるため…「自転車おじいさん」逝く
アンドレオッティ元首相、生放送中にBlackout(動画)


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top