神はいる!?無神論のバス広告が却下

「神はいない!」と大々的に書かれたバスが、ついにカトリックの国イタリアを走り回るのか…と思いきや、やっぱり物事には限度があるようです。

ジェノヴァ 『無心論者のバス広告が却下』

ジェノヴァ市内を運行するバスに書かれるはずの無神論者キャンペーン広告に対し、取消し命令が下された。
先日、ジェノヴァの交通広告代理店Igp Decauxが、Uaar(無神論・自由思想者協会)に対し、同協会で企画していたバス広告「悪い方の知らせは、神が存在しないと言うこと。良い方の知らせは、貴方がそれを必要としていないと言うこと」について、認可しない意向を伝えた。
なお、同協会の総務部長であるカールカノ氏は、現在、理由の説明を求めている最中としながら、次のようなコメントを出している。
「下着や旅行の広告にスペースは割けても、『神はいない』と宣伝するのは駄目なわけですね。どうやらこの国には、無神論者であると表明するためのスペース等はないようです。まるで口にするのもはばかるような、それとも、全く話題にされない事か、検閲を受けるような事のようですね。
Igp Decaux広告代理店に、『神は存在する』と言う内容のコピーでも却下するのかどうか聞いてみたいです。」(2009年1月16日 Il Messaggero)

 

 

別紙には、バスの運転手さんの中からも「神はいないなんて書かれたバスを運転したくない」との声が出ていたとある一方、Facebookでは「無神論者バスを走らせたい!」と盛り上がっていて、すでにネットで寄付金が1万3千ユーロ(約150万円)も集まっている…なんて記事もありましたが。

イタたわニュース関連記事
神はいない!無神論のバス広告がイタリア上陸!


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top