悪い石油業者には炭をプレゼント

イタリアでは、1月6日はEpifania(エピファニア:御公現の祝日)と呼ばれる祝日で、クリスマス・シーズンの終わりでもあります。
この日は、Befana(ベファナ:サンタクロースに匹敵する老婆)がやって来て、いい子にはお菓子を、悪い子には炭をプレゼントすると言われているのですが、最近、一番悪い子だったのは……!?

パドヴァ 『ベファナが石油業者に炭をプレゼント』

イタリア北東部パドヴァにあるガソリンスタンド経営者が、燃料価格調整に関し石油業者らに抗議する目的で、店頭にベファナを立たせている。
抗議の内容は、石油価格に対し燃料価格の調整が遅延しているため、消費者およびガソリンスタンド経営者らが損害を被っており、石油業者らは自分達に有利となるよう価格を操作し、スタンド経営者らのマージンを減少させていると言うもの。
ちなみに、店頭に立つベファナが手に提げているカゴは、石油業者らへ贈る「炭」で一杯になっている。(2009年1月5日 La Repubblica)

 

1月7日からイタリアでは一般企業の仕事初めとなります。公共機関やお店なんかは2日からやってますが。
来年の1月6日には、みんな、ベファナからお菓子がもらえるようになると良いのですが。


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top