ヴチニッチ選手、パンツで走って告訴される(動画)

これまでは政界から芸能界、スポーツ界まで、もう何でもあり!と言う感じのイタリアでしたが、少しずつ変化の兆しが感じられる今日この頃…。

ローマ 『ヴチニッチ選手ストリップに審査機関は無罪、サポーターは告訴』

セリエAのASローマ所属Mirko Vucinic(ミルコ・ヴチニッチ選手:FW)が試合中に下着姿になった件に対し、一般ファンが公衆の面前での猥せつ行為として告訴している。
なお、スポーツ連盟審査機関は同件でミルコ・ヴチニッチ選手を処罰の対象としていない。
問題とされているのは、ローマのオリンピコ・スタジアムで14日に行われた対カリアリ戦で、ヴチニッチ選手のゴールによりASローマの勝利が決まった直後に、同選手が短パンを脱ぎ下着姿になってフィールドを走り回っていた件。
告訴しているのはASローマの熱狂的サポーターを名乗るフラヴィオ・トゥッチさん(47才)で、騎士勲章の受勲者であり元審判でもある。本日午前、弁護士を伴ってローマ検察庁へと出向いたトゥッチさんのコメントは、次のとおり。
「一スポーツファンとして、スタジアム内の観客やTV視聴者にパンツだけの下半身をさらした行為を告訴します。私はイタリアと言う国が、何かしら変わるよう訴えているのです。この見苦しい行為は全ての新聞で報じられたのに、スポーツ連盟審査機関をはじめ非難する者は皆無でした。私はASローマのファンですが、今回のヴチニッチ選手の狂喜ぶりはチーム自体を侮辱するものです。選手らは少年達の見本となるべきであり、今回のようなことは確実にエスカレートするでしょう。もし、私が往来で服を脱いだら、訴えられて当然でしょう。サッカー選手だけは違うのですか?今回の告訴に金銭的な損得勘定はありません。」
また、スポーツ連盟審査機関のトーゼル審査官は、次のように説明している。
「私は審判からの報告書により処置を決めましたが、それには同選手の行為は規定外の単純な行為とありました。この手の行為に罰則を与えるためには、審査機関の法規自体を変えなければなりません。もしくは、軍隊にでも入れるとかね。」(2008年12月16日 Il Messaggero)

 

 
個人的には、今回のヴチニッチ選手の行為自体は「ちょっと笑えるおバカな話」程度かと思えますが、確かにエスカレートしやすい行為だし、イタリアでサッカー選手と言えば少年達の夢とあこがれですから、やって良いことの限界を設けるためにも、公の場で苦言を呈する人間が一人でもいたのは良かったと思います。
余談ですが、日本のTVドラマ愛好家であるイタリアの若者達のフォーラムでは、「沢尻エリカに対して日本人は厳しすぎる。女優として良いものは良いのだから、横柄な態度や失言なんて関係ないじゃないか。」と言う擁護論が強いのだそうですよ。

[12月19日追記]
この訴訟沙汰についてイタリア人から、「まったくくだらない。もっと大切な裁判がたくさんあるのに、時間の無駄だ。こんなの、ただの売名行為だ。」と言われてしまいました。ネット上でも同様の意見が多数派だそうでして。
…そうか。

イタたわトピックス関連記事
カターニアのプラスマティ、FKでパンツを下げてGKを惑わす


Pocket

2 Responses to ヴチニッチ選手、パンツで走って告訴される(動画)

  1. S.ジェラード 2010年10月10日 at 1:37 AM #

    過去記事に失礼します。
    ヴチニッチ、訴えられてたんですね。
    歌えた人の発言はうなずかされるものがありますが、ヴチニッチの喜び方もわかるような^^;

    ブログに引用させていただきました。
    よろしくお願いいたします!

  2. chirico 2010年10月11日 at 6:41 PM #

    S.ジェラードさん、いえいえ、過去現在問わず、コメント嬉しいです!有り難うございます!!

    訴えた人は、それなりに売名行為もあったんじゃ
    …なんて深読みしてたイタリア人もいましたけどねぇ。

    ブログへの引用も有り難うございます。
    その後、どうなったのか…また、記事を見かけたら取り上げますね!

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top