イタリア版オレオレ詐欺…じゃなくてマゴマゴ詐欺!?(動画)

今、イタリアではYou Tubeに投稿されている「イタズラ電話ビデオ」が大人気となっております。もしも、これでオレオレ詐欺なんてやられたら……一発OUTかも。

イタリア『イタズラ電話ビデオがYou Tubeで大人気!視聴回数800万回超』

You Tubeで閲覧されている「イタズラ電話ビデオ」シリーズ全54件が爆発的な人気となっており、現在までの視聴回数が合計800万回を越えている。
投稿しているのは「フランチェスコ」と名のるアメリカ生まれのイタリア青年(19才)で、現在はイタリア南西部カンパニア州カゼルタ県在住。
この「イタズラ電話ビデオ」シリーズの面白さを理解するには実際に見てもらうのが一番だが、ここで紹介しているのは1年近く前に投稿されたもので、5〜6才の孫を装ってみごとにお祖母ちゃんを騙しきり、視聴回数は83万回以上にのぼっている。この他には、アメリカ人観光客を装ったホテルヘの予約電話や、ナポリ方言で老婦人からモーターボートを購入するバージョン等がある。
ビデオに映っているのは、常に自宅の居間で電話を前にしているフランチェスコ君の姿。犠牲者達は電話帳でイタリア中から無作為に選ばれており、フランチェスコ君によれば、
「後からもう一度かけ直して、ただのイタズラです、You Tubeで大勢に見られることになりますって説明したこともあります。みんな許してくれましたよ。」とのこと。
フランチェスコ君の声まねは機械などを使わない生の声帯模写で、別の町に住んでいる友人達を面白がらせたくて投稿したのが、あっという間に広まり、遂には偶然ビデオを目にした現役DJと「競演イタズラ電話ビデオ」も制作し、こちらは視聴回数8万回以上を記録している。
フランチェスコ君が憧れているのはジム・キャリーやカルロ・ヴェルドーネ等のコメディー俳優で、現在、ビデオ制作は趣味として続けているが、
「今のところ、僕のビデオへの閲覧回数はベッペ・グリッロのより上です。」と、なかなかの大胆発言だ。
今回の爆発的人気により登竜門は越えたが、将来については、「いつか僕の時代がやって来た時に勉強不足になっていないよう、現在は芝居を学んでいます。」と語っている。(2008年12月3日 Corriere della Sera)

 

上のビデオの内容はですね、5〜6才の孫がおばあちゃんにクリスマスプレゼントのおねだりをする…と言うものでして、
「ボク、引き出しの中にオシッコしちゃって悪い子だから、プレゼントはもらえないってママが言ってる。」あたりではおばあちゃんも笑っているのですが、さすがに
「おばあちゃんは料理が下手で、ポンポン痛くなるから、ボク達、おばあちゃんの家には行かないって、ママが言ってた。」と言われるとマジで絶句しております。


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top