銀行5つを87分間で襲撃…ギネスに挑戦?

イタリアは銀行強盗が多く有名サッカー選手のお舅さんが、銀行強盗の分け前争いがもとで殺された…って事件までありましたが。
各銀行の玄関口の開閉は押しボタン式で、一人ずつしか出入りできないようになっているんですけどね…。

トリノ 『87分間で5件、働き者の銀行強盗逮捕』

トリノ警察により28日夜、5件の銀行強盗を87分間で実行した男が逮捕された。
男は同日午前11時44分に、トリノ県コッレーニョ市のサン・パオロ銀行に押し入り500ユーロ(約62,500円)を強奪。
その20分後に、トリノ市のビーポップ銀行を襲い100ユーロ(約12,500円)を奪う。
数分の移動時間の後、12時08分にサヴィリャーノ貯蓄銀行で1,000ユーロ(約125,000円)を奪い、12時20分にインテーザ・サンパウロ銀行に押し入り、窓口の職員をナイフで脅すもののタイマー付き金庫が開かず現金強奪に失敗。
最後は午後13時11分にナイフを手にしたまま銀行に押し入り、500ユーロ(約62,500円)を奪って逃走するものの、数時間後に警察により逮捕された。
男が4軒目に押し入った銀行の防犯カメラに、ナイフを手にした姿が撮影されており、これが逮捕の決め手となった。
なお、男には複数の前科がある。(2008年10月29日 Il Resto del Carlino)

 

結局、4軒目の銀行はお金も奪えず、カメラに撮影までされて。
……凶方向だったんでしょうかね。
ちなみに写真は、多分、銀行に出されていた貼り紙でして、「Chiuso per rapina(銀行強盗につき休業)」となってます。


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top