中国人は教会もくるくる回す!

重さ1,500tの建物を引っ張った今回の工法は、古代エジプト人が使用していたのと同じだそうです。

中国 『道路作るのに教会回す』

中国福建省福州市で道路の敷設工事にともない、カトリック大聖堂の一部を解体せずにそのまま移動させていた。
この大聖堂はイタリア人司祭によって1864年に建てられ、その後、1932年に改修が加えられている。
今回、移動させたのは司祭らの宿舎として使われている建物で、400基の歯車からなる装置で75m牽引された後、その場で90度の方向転換がなされた。
(2008年10月20日 Corriere della Sera)

 

 牽引作業の様子は、以下の写真でご覧ください。
 1. 赤枠から青枠へと移動させる予定です。
 2. まず、まっすぐ牽引してから
 3. 90度方向を転換させて
 4. ちょっと左に移して完成。


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top