消える黒猫の怪…イタリア年間40,000匹

イタリアは世界でも迷信の多い国なんだそうですが、それにしたって…。

ミラノ 『1年間で黒猫40,000匹が姿消す』

イタリアの動物愛護団体Aidaaが、2007年12月より今日までに国内で推定40,000匹の黒猫が姿を消したとし、今月末のハロウィンには黒猫虐待予防のためのパトロールを行う予定でいる。
同団体では「黒猫救済オンライン」のほか、ローカル紙やサイト上に掲載された行方不明記事など全国レベルの情報を基にして推定数を出しており、会長のロレンツォ・クローチェ氏は、「60,000匹の黒猫が姿を消した06〜07年に比べれば減っていますが、まだ不安は解消されていません。」と話している。
また同団体の報告によれば、これらの黒猫は秘教儀式や毛皮製造、動物実験などに使用されており、「私たちは黒猫を生け贄に使っている秘密宗教団体を軽んじるつもりありませんが、毛皮にするよりももっと酷い事ではあります。ましてや多くの人々が、黒猫は不吉だと思っているのですから。」と言葉を続けた。
なお、同団体は11月16日に有名人らを招聘して『黒猫フェスタ』の開催も予定している。(2008年10月10日 La Stampa)

 

…かと思えば、豪華な長毛種の野良猫がいたりもします。


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top