「追記」ベルルスコーニはブラジャー首相!?

先日、ご紹介した『Palazzo Chigi(首相官邸)、名画におまぬけ検閲』の後追い記事(Il Messaggero 2008年8月6日)を見つけました。
ベルルスコーニ政権が名画に修正を加えるのは、どうやら初めてではなかったようです。
2002年にイタリアで開催されたNATOサミットの際、各国首脳が集う会議室の壁紙にもやっちゃってました。
犠牲になった作品は “ Città ideale(理想都市)” で、もちろんこちらも複製画。
ルネサンス期、フィレンツェ出身の無名画家によって描かれたものですが、けっこう目にする作品です。
オリジナルの背景は灰色の曇り空なんですが、これを白い雲が浮かぶ鮮やかな青空に描きかえていました。
「青」はイタリア語で “Azzurri(アズーリ)”。
サッカーをはじめイタリアのスポーツ界では、ナショナル・チームの呼称にもなっており、また、ベルルスコーニ首相率いる“フォルツァ・イタリア(がんばれイタリア)” 党のシンボルカラーでもあるわけですから……今回同様、良かれと思って変えちゃったんでしょうね。


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top