第二の人生は桃色に

私の周囲のイタリア人で、「定年退職したら日本でアグリツーリズモ(農家兼ペンション経営)をしたい」って人がいますが。
日本から、かなり珍しい “ 第二の人生 ” のニュースが届いております。
自分の父親とかだったら、ちょっと困るなぁ。

日本 『徳田重男 年齢 73才 職業 AV男優』

 旅行会社で生涯をまっとうし、退職してから始めた新たなキャリア、それは……AV男優。
20代〜70代の女性を相手に200本のビデオを制作し、今や押すに押されぬ大スターである徳田重男さん(73才)は、次のように語っている。
「仕事を辞めた時に、もう何もすることがないって思いました。今は第二の人生です。いつまでやれるか分かりませんが、最後まで頑張りますよ。」
“ エロ紳士 ” こと徳田さんは、もはや日本のAV愛好家のあいだでは伝説化しており、所属プロダクションにとっても稼ぎ頭だ。
プロダクション社長の門脇氏は、「まずは30代の俳優を起用し、それから40代、50代と上げていって、現在は60〜70代の俳優を使って多くの作品を制作しています。」と話している。
日本はイタリアや世界各国にくらべ中年の年齢域が高く、そのため年配者向けのアダルト・ビデオ市場には特異な現象が生まれつつある。
監督の賀市氏は、「徳田さんは同世代の方々にとってスーパースター。年配の方々が、徳田さんにできるのなら誰にだってできるって、励みにしてますよ。」と語る。
徳田さんは撮れば撮るほど元気になるそうで、まだまだ大丈夫と保証しながら、「80を越えても撮り続けたい。」とコメントしてくれた。
(La Repubblica 2008年7月29日)

 
7/15付で、同じ新聞から日本のAV女優さんの紹介もしているんですが、掲載写真の枚数が全然ちがいますね、やっぱり。
そっちは7枚だったのに、こっちはたったの1枚。
しかもDVDのカバー写真だし。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top