罰金払って億万長者!?

イタリアは道路工事が多く、ある日突然、道がふさがれて仕方がなく標識にさからえば、罰金を取られ……隣の車がななめに駐車しているから仕方がなくあわせて駐車すると、罰金を取られ……。
よく皆さん、素直に払うな〜と思っていたら、やっぱり、こんな記事が出ました。

アラッシオ 『罰金払って宝くじをもらおう』

 
イタリア北西部アラッシオでは26日より、交通違反の罰金支払いと引換えに宝くじが支給されることとなった。
アラッシオ市長であるマルコ・メルグラーティ氏の発案によるもので、36ユーロ(約6,000円)の罰金に対しSISAL(認可小額賭け仲介事業所)発行の宝くじ1枚が支給され、最高賞金額は3千6百万ユーロ(約61億円)になる。この試みは来週いっぱい実施され、夏のヴァカンス旅行が低迷するなか一陣の涼風となるであろう。
ADOC(消費傾向及び消費者保護協会)の調査によれば、夏期休暇を楽しめるイタリア国民は全体の25%に過ぎず、そのうち半数以上が平均1週間の滞在とし、1ヶ月の休暇をとる余裕があるのは1%のみである。また、平均予算は一家族で1,850ユーロ(約31万円)となり、昨年にくらべ約115ユーロ(約2万円)下降している。
SISAL代表取締役であるエミリオ・ペトローネ氏は、「罰金の支払いは不愉快なものです。これで罰金がなくなる訳ではありませんが、大きな夢が実現できるかもしれません。宝くじを手にしたら気も晴れて、夢に向かってはばたけますよ。」とコメントしている。(Il Resto dell Carlino 2008年7月26日)

 
イタリアの駐車違反の取締まりって、民間人が歩合制で雇われているとみた。
すっごい、働き者です。

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキング 海外ニュース ブログランキングへ


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top