イタリア・ビーチ事情

イタリアの海水浴場は有料と無料があって、有料の方はビーチパラソルやデッキチェアーをレンタルして、シャワー・トイレ・更衣室なんかも使用できます。
最近、そうやってパラソルとデッキチェアーを2人で1週間借りると217ユーロ(約36,000円)かかると言う統計が出ましたが、ちなみに最高はサルデーニャの280ユーロ(約47,000円)で、1番安いのはイタリア北東部フリウリ=ヴェネツィア・ジュリアの62ユーロ(約10,500円)。
じゃ、無料ビーチに自前のパラソルを持って行けばいいじゃん!……と思いきや、そこにも危険はある!!と言う記事を見つけました。

ビビオーネ 『海岸にビーチパラソル、日が暮れたら逮捕』

 イタリア北東部のビビオーネで、海岸に放置されていたビーチパラソルが地元警察により没収されていた。パラソルの所有者には「海岸を不当に専有した」として最高6ヶ月の拘留が科されることとなる。
今月9日、ヴァカンス客が翌日使用するためにとビーチパラソルを砂浜に放置したところ、日没後、「不当な専有の取締まり」を目的とした今年度の市条例に基づいて沿岸警備隊および地方警察の警官らにより没収されていた。なお、「朝から日没までの海水浴用備品の放置に関しては合法」とされている。
現在まで、没収されたパラソルの所有者は名乗り出てきていない。(La Stampa 2008年7月19日)

 
ところで、イタリアの地元の若者達のビーチ利用方法なんですが、シーズン中ずっと2人用のパラソル&デッキチェアーを20人ぐらいが共同で借りる…なんてのが一般的なようです。でも、やはり利用するのは週末に集中しちゃうから、結局、「別にお金を払って半日だけデッキチェアーを借りた」なんて…無駄なことをしてるみたいですが。


Pocket

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止の為、計算に答えて下さい * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.

Top